鉄骨の柱建て・・

鉄骨の柱建て工事を行いました。

工務店ですので、倉庫も造ります。
この倉庫、林立する建物の屋根や柱を交わしもって、そして
工場は稼動しながらの仕事ですので、結構段取りが面倒でありました。

出来上がってしまえば、そんな風に見えないのですが
現場に居る方たちは結構苦労したと思いますが、なにも言わずに
こうしたい と、伝えた事を仕事としてこなしてくれます。
ありがたい職人さん達です。尊敬します!!

納期までもう少し・・。
安全に、いいものを。。頑張ります!

◆何も無いところに、墨出し(位置だし)を行い、屋根と柱にぶつからないよう
空中を見ながらの作業です↓
e0064493_17341129.jpg
e0064493_17342324.jpg
e0064493_17344333.jpg

◆稼働中の隙間を縫って基礎工事の完了、柱建てへ↓
e0064493_17362054.jpg

e0064493_1736425.jpg

◆打合せを行う職人さん達。顔が真剣です↓
e0064493_17365855.jpg

[PR]

# by zengoro | 2016-11-26 17:37 | 現場レポート  

耐震診断 です。。

多度津町にて、耐震診断を行って来ました。
恒例の床下探訪と小屋裏探訪です。

耐震診断、数をこなすとだんだん見ただけで、どのくらいの点数が出るか
解ってきますが、お施主さんは初めての経験ですので、一から最後まで
手を抜かずに遣り通さなければなりません。

まず、外周部から。。
基礎、外壁にひび割れや気になるところは存在しないか
外部地面に不思議な点は見られないか
併せて、屋根の状態や、樋の状態、耐震以外の建物の不具合も
気に掛けて見る様にします。
◆外部ひび割れ(クラック) の様子です↓
e0064493_18293919.jpg

e0064493_1829562.jpg


続いて、建物中へ
間取りの調査と、柱の太さ、壁の厚さを測ります。
傾斜はないか、床は軋まないか、響かないか
壁にヒビ、水の漏れた様子は無いか 等・・・。
◆室内の状態は割愛

そしていよいよ、探訪へと・・・。
私、身長175センチ 体重71キロで、小柄では在りませんが
結構スルスルと、何処へでも入って行けます。
大きな天井裏と、高さのある床下ならば良いのですが、なかなかそんなところ
皆無です。たいていは、こんな所入れるのか??と、いった感じです。
◆天井裏と床下の様子(天井には上棟時のごへいが・・)
e0064493_18361714.jpg

[#IMAGE|e0064493_1837776.jpg|201611/15/93/|mid|500|281#
e0064493_18374598.jpg

今回の物件、天井も床下も、綺麗な方でした。ありがたいです。。

採取したデータを持ち帰り、図面とソフトを使って耐震診断の資料を作成し
お施主様に報告です。
やっぱり、感でお話しするより、きちっと図って計算した方が
納得できますし、次の改修へのステップも考えやすいですよね・・・。

年末に掛けても、あと3件の小屋裏、床下探訪が控えています。。。
[PR]

# by zengoro | 2016-11-15 18:37 | 現場レポート  

この季節恒例の煙突掃除

毎年恒例・自宅の煙突掃除を行いました。
春、暖かくなるときに掃除を行っていれば良いのですが、毎年寒くならないと
手をつけません・・。
◆写真は手入れ後の試運転様子です↓
e0064493_17431990.jpg

e0064493_17434845.jpg

掃除キットを、メトスプランニングさんの無料貸し出しにお願いしていましたので
取りに伺い、作業を始めます。
メトスプランニングさんでは、掃除キットの無料貸し出しをしてくれていますし、
お願いすると、有償で煙突掃除を行ってくれます。
忙しい方や、高所嫌いの方には、煙突掃除をお勧めします。
※メトスさん↓
http://www.metos-planning.com/

自宅ストーブは、室内より行えるタイプで、屋の上にも登らなくて大丈夫。
物によると、上からしか出来ないタイプもあります。自宅では、建築廃材を主に
薪として利用します。一般的に薪ストーブには向かないとされる、杉・桧・松・その他
(新建材、ノリの入っている物は燃やしません)、そして乾いていない薪・・。
ストーブには良くないとされている物を利用しているので、煙突掃除は
念を入れます。
◆煙突途中が開きます↓
e0064493_1748471.jpg

まずは、養生です。
すす、灰、いっぱい部屋に飛びますので、ここ大事にしないと
後で掃除が大変です。
養生が終わると、まずは溜まった灰を撤去。今年の冬に一度灰を撤去していますので
約半分の灰です。
◆養生~灰撤去前~灰撤去後~取った灰
e0064493_17481095.jpg

e0064493_17503210.jpg

e0064493_17505022.jpg

e0064493_17511190.jpg


次に、ブラシを先程の煙突途中より突っ込みゴシゴシと、すすを落とします。
すすは、煙突を通じ、ストーブ内に落ちるという仕組みです。
この煤、程度が良く、手は真っ黒、服にも取り付きます。
◆ブラシ
e0064493_17531763.jpg


最後に、灰・煤を撤去、掃除をして終了。
灰は庭の植木に撒きます。煤は保存して、いつか塗料にしようと思っています。
点検と確認のために試運転を行って、一安心・・。
随分なれましたのでここまで約一時間です・・・。
この冬もよろしくどうぞ~・・・。
◆試運転↓
e0064493_1756430.jpg

[PR]

# by zengoro | 2016-11-10 17:56 | 現場レポート  

餅投げ 行いました。

先日より告知いたしておりました、“餅投げ”を、行いました。
幸い天気にも恵まれまして、大勢の方にご参加いただきました。
◆大工・社員一同、建て方の様子↓
e0064493_17502285.jpg

e0064493_175124100.jpg

棟上祈願を神主さんにしていただき、清めた後に用意した餅と
お菓子、札(飲み物)を、大工全員でお配りしました。
◆上棟祈願↓
e0064493_17515625.jpg

e0064493_1752188.jpg

幼少の頃、家の近くで新築の家が出来ると、必ず、餅投げをしてくれていました。
おじちゃんや、おばちゃんが、真剣に餅を追いかけ、すっ飛ばされた事も
記憶に残っています。特に、砂餅(高松ではすまもち)を拾うときは、子供も関係なく
扱われますので、注意が必要でした。
◆予告時間前になると、何処からとも無く人が集まりだします↓
e0064493_17531882.jpg

e0064493_17533726.jpg

この餅投げの儀、家の災いを家の外に投げ捨てる というのが、行っている由来と
言うのが一般的でありますが、近所の方々に引っ越してくるよ と、挨拶にも
使われて居たようです。
◆餅投げ開始~↓
e0064493_17543145.jpg

e0064493_17545388.jpg

e0064493_17552670.jpg

主催者側(家の方)は、多少の出費が掛かるとは思いますが、
拾いに来た方々の喜んだ顔を見ると、たいていの方はやって良かったと
おっしゃいます。
こんな催しも、如何ですか?
[PR]

# by zengoro | 2016-11-08 17:55 | イベント情報  

塩江里山の家見学会 ありがとう御座いました。

11/5日(土)、6日(日) と、両日にわたり
塩江里山の家 完成見学会を開催いたしました。

秋晴れの両日、足を運んで頂いたお客様、また、建物をお貸しいただいた
お施主様、ありがとう御座いました。

・長期優良住宅、グリーン化事業、性能表示に興味在る方、
・四国の木の香りが良いといっていただけた方、
・床暖房の気持ちよさを感じられた 方・・等々、多くの感想を頂きました。

今後とも、いろいろな情報と体感できる催しを考えて実行して参ります。

よろしくお願い致します。

※塩江里山の家 外観です↓
e0064493_18114631.jpg

e0064493_18122919.jpg

e0064493_1813710.jpg

[PR]

# by zengoro | 2016-11-06 18:13 | イベント情報  

完成見学会のご案内・・!

高松市塩江町にて新築工事を行っておりましたお家が完成しました。

このたび、お施主様の御厚意にて、見学会を開催できる事となり
皆様にご案内致します。
見学会 11/5(土)11/6(日) 10時~16時 予約制の為、お電話下さい。
予約→087-864-7440(高松営業所) 当日090-9558-7899(佐伯)
◆外観と内観完成時↓
e0064493_9113212.jpg

e0064493_911595.jpg

e0064493_9124591.jpg

e0064493_9103735.jpg


子育て世代の夫婦が、選んだ塩江の自然豊かな土地。
景観と人情味あふれる土地柄で、ゆっくりとした生活を送りたいとの
お話でありました。。。
窓からは緑が見えるよう、風が通るよう、バランスよくプライバシーも
保てるように、配置・プランを計画。
◆造成前の敷地↓
e0064493_985785.jpg
e0064493_991695.jpg


木材は四国の山の木を使い、地産地消と運ぶエネルギーを省き
内装にも行き過ぎない程度、木材を使用いたしました。木を家の中に内装として
使う事で、香りと視覚からもゆとりと安らかさが生まれます。
◆木材検査(徳島)と建て方(骨組み)様子
e0064493_9141993.jpg

e0064493_915133.jpg

e0064493_9154199.jpg


性能表示で耐震等級と断熱等級を最高ランクに取り、
長期優良住宅申請と地域型グリーン建築“瀬戸の家”を取得した
地元建築会社ならではの地域に根ざす家だと思います。
また、太陽光発電と省エネ照明及び給湯器等を利用したZEH仕様に
準じていまして、ハウスメーカーならいったいいくらの建築費になるのだろう?と、
思える程の装備を手の届く範囲でご提供致しました。
※性能表示→http://www.mlit.go.jp/common/000129267.pdf
  長期優良住宅http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html
  地域型住宅グリーン→http://chiiki-grn.jp/
  ZEH→http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/
  (説明詳細、難しい場合はご連絡頂けましたら、要点お話致します)

性能・機能は、さておき
子供さんゆっくり育てるスタイルと、自身もゆったり過ごせる
過ぎ行く時間を愉しめる、生活を愉しめる・・。そんな家になるよう
力を注いだお宅です。
[PR]

# by zengoro | 2016-11-01 09:27 | 現場レポート  

餅投げ 行います

佐伯工務店 高松営業所にて、倉庫棟建設に伴い上棟祝いの“餅投げ”を
明日 10月30日午後4時半頃~行います。

建設中にはご近所の方々及び皆様に不都合お掛けします。
また、日頃よりの御贔屓に感謝申し上げる意味で、誠に小規模では
在りますが、縁起物のお持ちとお品を“餅投げ”致します。

縁起物で在りますので、楽しく行えましたらと思います。
ご興味の在る方は、お気軽にお越し下さいませ。

尚、狭い敷地でありますので、御車でのご来場はご遠慮下さい。

よろしくお願い申し上げます。

※写真は現状の様子です↓
e0064493_10301886.jpg
e0064493_10303031.jpg
e0064493_10304280.jpg

[PR]

# by zengoro | 2016-10-29 10:30 | イベント情報  

二日間学んで来ました。

東京周辺で行われているミーティング、講演に参加して来ました。

~ミーティング~
パッシヴソーラー・・。
あまり耳なじみがない方が多いとは思いますが、太陽熱や風、季節の状況を
建築に上手く取り込み、気持ちよく暮らそう  といった感じでしょうか・・・。

太陽熱利用床暖房や彩風計画、落葉樹や自然素材を上手く使い、石化エネルギーを
削減しながら、尚且つ自分も気持ちよく住める住宅を考える方たちが居ます。
その方たちのZEH(ゼロ・エネルギー・住宅)への検討、考え方 を、話していました。
※会場の様子↓
e0064493_16212773.jpg


この分野、好きな方は大好きです。私もそのうちの一人。
昔から良く知っている方々が、一同に介し、短い時間ですがお話をして下さいました。
懐かしく思う反面、改めて方向性を考えました。
エアコンも気持ちいいけど、カーテンを揺らし、通る風も気持ちいいですよね?
そんなパッシブ です。。


~講演・合同建材説明会~
二日目の講演は、今とても認知度UPの“隈研吾”さんの講演でした。
ジャパンホームビルダーズショー と呼ばれる、年一度開催される建築機器の
合同説明会 のようなものの中に組み込まれたイベントです。

隈さんといえば、新国立競技場を設計される方で、最近一躍有名となりましたが
建築業界では知らない方が居ないほど、元々著名な方でした。
新国立競技場では、日本の木材を多く使う事が試されますが、もともと“木”を使った
建築が多いので有名です。そんな、建築についての馴れ初めから、国立競技場までの
お話をして下さいました。
※関連の写真です。(最後が隈さん、講演)
e0064493_16324574.jpg

e0064493_1633372.jpg

e0064493_16331529.jpg

e0064493_16333071.jpg

e0064493_16335364.jpg


二日間、見る人・聞く人により、感想は違うと思います。
自分には、自分で理解し、飲み込み、お客様の次の建築に
生かせるよう、グルグル考えます・・・。
[PR]

# by zengoro | 2016-10-27 16:35 | 講習  

地域材住宅の今後を考えるシンポジウム

広島で行われました、標記シンポジウムに参加して来ました。

平たくいうと、日本にある木を、もっと使おう という事です。
佐伯工務店では、建築に日本の木を使う事が多いのですが、
全国的に見ると、珍しい区分に入ります。
e0064493_16204414.jpg

え~? といった感じでしょうが
日本の木で家を造る工務店は日本には少数派で、大きな建築屋さんは
ほぼ海外産の木材を使用します。
日本の木材自給率はなんと31%で、しかも30%を越えたのは26年ぶりという
事です(林野庁)。
ちなみに、食材自給率はカロリーベースで39%、価格ベースでは66%(農林水産省)

日本の国土の約7~8割は森林が占めます。
そこに戦後、建築材料として利用すべく、杉・桧といった木が多く植樹されました。
70年経った今、その木は利用条件に当てはまっていますが、建築に使われる
多くの材料は、海外産の物になっています。

シンポジウムでは、地域木材利用時の地域経済についても話がありました。
約450万円の木材を使った場合の周りの経済効果です。
日本の木~約2200万円
海外の木~約813万円  と、3倍近くの経済効果があるとの試算が出ています。
試算したことも驚きですが、結果にもびっくりしますね・・・。

日本の木は高いのじゃないか?との声も聞きます。
山で生計を立てている方は、費用低下に勤めています。
山に生えている木の値段はここ40年近く下がり続けているんですね(林野庁)。
こんなデフレな品物他には無いですよね・・・。
※山の立木価格(林野庁)
e0064493_16335529.jpg


木の家が好きだ と、言う方は多くいらっしゃいますが、
日本の木の家が好きだ という方はなかなかいらっしゃいません。
海外産の木のほうが使いやすい、狂いが少ない、価格が一定 と、言われる
同業者の方は多く居ますが、日本の木の色艶、香りは日本の高温多湿の風土に
良く合っていると思います。

シンポジウムでは、事務局の恐らく林業家の方が最後に話して居られました。
“本当に日本の木は建築材料として必要なのでしょうか” と。
あまりに突飛な意見でしたので、反論する考えもまとまりませんでしたが
環境や気候風土、伝統や意匠。いろいろと無くてはならないものだと
帰りの新幹線の中で考えました。
※写真は佐伯工務店の展示場
 四国・徳島産の木を使って家を建てています↓
e0064493_1644813.jpg

e0064493_16444436.jpg

[PR]

# by zengoro | 2016-10-13 16:29 | 環境  

変わる現場対応

自宅での出来事で、メンテナンスが必要となりました。

物はシャッターですが、取引相手は山口県です。
電話で業者の方と話をしていても、話がなかなか通じません。
“職人を向わせましょうか・・。” といった話も出て来ました。

※動かなくなった、車庫のシャッターリフト さま。。↓
e0064493_1118284.jpg



ここまでは、今までよくある話です。現場の職人と電話で話していても
“あそこがこ~なって、そこにあ~なって、ほんでこ~なっとんやけど・・” 。
全く、わかりません。
“も~いい。。今から行く” となっていました。
当然タイムロスも出てきますし、費用も発生する場合が生じますね。

今回は、スマートフォンのショートメールを使い、画像を山口の担当者へ送り
指示を貰いました。作業に数十分は掛かりましたが、電話対応で無事終了。
費用もタイムロスも発生しませんでした。
旧来ならば、どこかから職人を手配(新築時は神戸から)しないといけません。
今回の復旧だと、数日間車の出入りができません(現実には手動で可)ので
結構不便になるのと、作業代が必要になりますので、結構な痛手ですが
前述のメールで、片付きました。

※リフトの左にある、金具の位置に問題が発覚。直し方を電話で理解↓無事復旧。
e0064493_11201261.jpg



最近は職人さんもスマートフォンをズボンに入れていますので
SNSを利用させて貰い、現場の対応もスマートにさせて頂いております。
これ、お客さんに対しての経費削減にもなります。

便利になったな~ と思いますし、上手に利用して
お施主様に還元できるように職人共々訓練です!!
[PR]

# by zengoro | 2016-10-08 11:20 | 現場レポート