化粧野地 ってなんだ?

よく使う手法に、化粧野地があります。
野地というのは、屋根の下の板のこと。
化粧というのは、仕上げになること。
(下地に隠れてしまいそうな木を仕上げとして使うこと) 

◆化粧の天井の家の写真です。
    高瀬の山荘↓
e0064493_09135600.jpg


e0064493_09142873.jpg

古民家再生↓

e0064493_09075955.jpg
仏生山の家↓



e0064493_09111081.jpg

塩江の家↓
e0064493_09320350.jpg

屋根や天井の骨組みまで見えるやり方です。

工事の最中は、傷や凹み、割れ、抜け節、色合い 等、とても気を使いますが
出来上がりは、さっぱりして、とても潔く、かっこいいです。
また、その下に仕上げ材をもう一度施工する事が無いので、工期短縮や施工費の縮減等
考える事ができます。

◆現在施工中の化粧野地の家
 教授の家↓
e0064493_09192792.jpg

社務所↓

e0064493_09195845.jpg
e0064493_09200469.jpg

木を前面に出しますので、和風の雰囲気になりますかね~。

家を建てる方の好みもありますので、どちらが良いと言うのではないですが
こんな方法もありますので、家を考える、リフォームを検討している と言った方は
選択肢を広げて、自分好みの設えにチャレンジしてみては如何でしょうか。

あれはできません、これも無理です・・テナ事ではなく、
ご要望はしっかり受け止め、しかと理屈を考えて、ご提案を致しますよ~!






















[PR]

# by zengoro | 2017-07-25 09:22 | 現場レポート  

木の香りいっぱい の建物です!

高松市にて建築中の家では、敷地いっぱいに木の香りが漂っています。
先日、建て方が行われて、現在屋根仕舞いと呼ばれる作業を大工さんが行って
居るのですが、その材料に杉の木を使っていて、その香りが現場周辺に
漂っています。

◆屋根仕舞いの様子 上から見たもの↓

e0064493_11225386.jpg
e0064493_11230881.jpg
e0064493_11231405.jpg
e0064493_11231995.jpg
e0064493_11232661.jpg
徳島より調達した杉の木は、含水率管理、製材管理がきちんとできており、
加工もほぼ工場で済まして来ましたので、現場での作業が簡単・ゴミも少なく
作業は順調に進んで行きます。この作業が手間取ると、突然の雷雨に木が水に塗れたり
納まりが悪かったりしますので、事前の調整が大切となってきますね・・。

◆下から見た様子↓

e0064493_11284385.jpg
e0064493_11285197.jpg
e0064493_11285600.jpg
e0064493_11290243.jpg
屋根に使っている木の裏側が、家の中からそのまま見える構造にしています。
全てが木になると、なかなか “むつこい”(讃岐の方言で、しつこい とかの意)事に
なるので、壁等で押さえていくことを念頭に計画。
木も良いのですが、程よい見え方がベスト と、思っています。

気になっていた、建物の高さも思っていた感じに収まっています。
窓からの景色や、風通り。隣地との関係、断熱性や空気感。
いろいろ、詰め込み、考え、住み心地の良い家へ、少しずつ
工事を進めていきます。。。











[PR]

# by zengoro | 2017-07-22 11:39  

夏祭り のご案内

夏祭り のご案内 です。

毎年この時期に行われている、恒例行事ですが、暑気払いの意味も込めて
今年も開催致します。

8月5日(土) 8月6日(日) の両日共、10:00~17:00 まで。
流しそうめんや、ピザ、焼きとおもろこし 等、食べ物と
夏休み宿題用フラワーアレンジメント、お菓子つかみ取り 等

6日の16:00~フォークソング演奏会も開催されます。

また、当日2日間は、東京自由が丘より、FLAT CAFFE が、OPENします。
洗練されたコーヒーに日々の疲れを癒してください!

◆ご案内です↓

e0064493_11513458.jpg












[PR]

# by zengoro | 2017-07-18 11:48 | イベント情報  

続けての棟上 でした。

梅雨の雲もなくなった、今週・金曜・土曜と、二軒続けて上棟が
執り行われました。とても暑い日で、大工さんも汗だくでしたが
予定通り、きちんと済ます事ができ、ホットしております。

◆金曜日の教授の家上棟の様子↓
  教授の家は、徳島海部より徳島杉を取り寄せました。登梁工法による
  こだわりの空間造りです。構造材を家の中より見えるようにする
  現し と呼ばれる、造り方を取り入れています。
e0064493_09004742.jpg
e0064493_09005917.jpg
e0064493_09010460.jpg
e0064493_09013976.jpg
◆土曜日の出作熊野神社社務所 上棟の様子↓
    社務所は厳かな雰囲気とするために、真ん中に合掌という材木の
    組み方を取り入れています。焼杉や漆喰を基調とした雰囲気のある
    建物になります。
e0064493_09020119.jpg
e0064493_09020811.jpg
e0064493_09021442.jpg
e0064493_09022115.jpg


建て方とも呼ばれる上棟、派手な見た目ですが、大工さん達は高所作業等に
より、普段より緊張して作業を行っています。炎天下もあったことですし、
二日間頑張ってくれた大工さん達は、帰ってからのビールが
さぞ、美味しかったでしょう・・・。
ご苦労様でした!

熊野神社では、氏子さんたちへのお礼と周知も込めて、
上棟後に餅投げ式が行われました。これも懐かしい光景であり、
微笑ましい光景です。こんな洒落た習慣を執りいれた関係者の方々に
感謝と地域住民の誇りとなるような神社に感謝です!

◆餅投げ式の様子です↓
e0064493_09142708.jpg
e0064493_09140114.jpg
e0064493_09143344.jpg
e0064493_09141718.jpg












[PR]

# by zengoro | 2017-07-15 09:15 | 現場レポート  

現場の写真整理

毎日、毎日、現場を廻って居ますので、相当数の工事写真が
パソコンに集まります。昔のように現像にお金が掛かったりしないので
更に集まります。メールやSNSでのやり取りや、現場の状況整理にも
役立ちますので、更に更に、現場写真が集まります。

これ、結構整理するのが大変で1週間程度整理できないと、
それを整理するだけで、1時間程掛かったりします。
日々整理しないと駄目ですね!

現場の写真は、主に工事写真ですので、お施主様の為に
隠れたところがどういう風になっているか、数年後や十数年後にも
判明できたりしますので、とても重要な物になります。
図面から~現場まで・・。
全てを一括で管理しますので、ご安心ください~!

※写真は現場の様子です↓
e0064493_18411095.jpg
e0064493_18411988.jpg
e0064493_18392220.jpg
e0064493_18404238.jpg
e0064493_18402509.jpg











[PR]

# by zengoro | 2017-07-11 18:31 | 現場レポート  

木製サッシュとアルミサッシュ

築16年目のお客様宅に使用した、木製サッシュの調子が悪いと
ご連絡頂き、修繕に参りました。

ローウェンというカナダからの輸入品ですが、代理店となっている
OMソーラー様より、キッチリとメンテナンス情報を取り寄せる事が
できますので、末端の工務店としても安心して、修繕が可能でした。

◆鍵が開かなかったり、部材が壊れたりしていました。
メンテナンス部品と交換方法、その他の修繕の仕方も指示して頂き
現場はスムーズに対応。。
e0064493_18065330.jpg
e0064493_18064722.jpg
e0064493_18064024.jpg
アルミサッシュと比べ、日本の高温多湿な気候に不慣れな木製サッシュですが
魅力は大きいです。
なんといっても、見た目と肌触りの良さ。
具体的に数値としては表せないのが残念です。
また、カナダという寒さの厳しい地域で作られているために、
防温効果も非常に高いです。

最近のアルミサッシュは性能がどんどん上がっていますので
日本の気候に合っていて、性能もよく、自国のメーカーが存在する
アルミサッシュは使い勝手がとても良いので、一番目の選択肢には
当然入ります。

使い勝手が良いのか、見た目と感じが良いのか。
選ぶ方の判断基準によると思いますが、16年目の木製サッシュが
メンテナンスでき、まだまだ現役十分な姿をみると
益々、悩みますね~。。。

皆さんはどちらが好み??





















[PR]

# by zengoro | 2017-07-08 18:14  

働く仲間 募集中!

建築が好きで、まじめに取り組んでみたい方。
一緒に働きませんか?

その方々に合わせた仕事内容と指導を併せて行います。
ハウスメーカーさんのような高額な給料は出せませんが
ゆっくりと地に足を着けた仕事内容です。

お客様と近い場所での仕事内容ですので
会社の一部の歯車としてでは無く
建物ができていく幸せ感も、お施主様と一緒に
味わえます。

ご興味もたれた方、お気軽に 高松営業所 佐伯 まで
ご連絡下さい。。。











[PR]

# by zengoro | 2017-07-04 11:17 | お知らせ  

構造材のチェックです

今月上棟する住居の構造材を徳島海部まで、チェックに行きました。
乾燥工程が終わり、材料加工に入る前段階でのチェックです。
佐伯工務店では、木の家を造る事を皆様に告知致しておりますので
しっかりした木材を確認しに毎度、海部まで足を運びます。

◆倉庫に積み上げられた材料。杉と桧。いつもお世話になっている野田さん↓
e0064493_12034237.jpg
e0064493_12042119.jpg
e0064493_12043289.jpg
e0064493_12051851.jpg

地元の木を地元で消費したい、また良質な国産材を、適材に上手く使いたい
気持から、家を建てようとする方々に、四国の木の良さをお伝えしております。
残念ながら、外国産材を利用することもありますが、可能な限り
想いを伝えられるようにしております。

◆海部の高温多湿な気候が大きな材の杉・桧を育てます。
懐の大きな山は、いい材質の木材の宝庫ですね↓
e0064493_12044978.jpg
e0064493_12051183.jpg
e0064493_12045623.jpg
e0064493_12050320.jpg


構造材は相変わらず、乾燥度合いも上々。材寸もどっしりと取ってあり、
木の目も申し分なくそろえて頂いてます。
倉庫の中は、すごい木の香りで、むせ返す程。。
日本の樹はいいなあ と、再認識できます。

◆木の表面だけでなく、中の方も大切。
今回もしっかり好い仕事して頂いてます。
e0064493_12041076.jpg
e0064493_12034818.jpg
ゆっくりと時間をかけて育った木を、ゆっくりと時間をかけて家として造り
ゆっくりとゆっくりと住んで頂ければ、良いなあ~。

家の図面を頭に描きながら、いろいろとできることを考えての
楽しい車中となりました!





















[PR]

# by zengoro | 2017-07-01 12:12 | 設計士さんの一喜一憂  

例年に無く相談が多かったです

この時期の相談として、“シロアリ” についてのことが、多いのですが
今年は、例年に無く相談が多かったように思います。

“シロアリ”生態として、この時期に羽アリと呼ばれる、羽の付いたシロアリが
大量に空気中を飛び回ります。この連中自身は木材を食い荒らしたりしませんが
この連中が、飛んだ先の木材に卵を産みつけ、そこで産まれた奴等が木材に
被害を及ぼします。
◆イエシロアリ対処の工事様子↓
セントリコンと呼ばれる、シロアリをおびき寄せてしまう装置を設置中

e0064493_10105766.jpg
e0064493_10110291.jpg
e0064493_10110606.jpg


一口に“シロアリ”と言っても、日本には2種類の“シロアリ”が居まして
①ヤマトシロアリ
②イエシロアリ  と、名前が付いています。
このうち、香川県では①のヤマトシロアリが多く居るのですが、こちらのシロアリは
割と被害が少ない傾向があり、むしろ怖いのは分布の少ない②イエシロアリです。

群れの生息数と勢いが圧倒的に強く、巣を持つ為に、そこにある木(家)を
食べ尽くしてしまう特性を持っています。これにやられると、人間の骨にあたる
木造の構造材である木は、中身を綺麗に食べられてスカスカになります。
また、厄介な事に、シロアリは明るいところがいやなので、木の表面は食べずに
木の中身ばっかりを食べます。このために、床下や天井裏等に多く生息し
発見が難しく、手遅れになるケースも多く在ります。
◆シロアリ対策の薬剤。
食べると脱皮できなくなり、死んでしまう。死んだシロアリを食べて巣ごと絶滅

e0064493_10123052.jpg

シロアリ対策として挙げられるのは
(1)シロアリの好きな環境にならない
 ・水分(湿気) ・食べ物(木材) ・暗がり が、シロアリの好きな環境です。
例)床下が湿気ている。
  木材を外に地面に近いところに置いてある
  床下に換気口がない  など、好きな条件 を、外しましょう。

また、専門業者に依頼して、定期的な点検と定期的な防蟻処置を行いましょう。
業者の床下点検は大抵無料で行ってくれます。また、状況を説明してくれて
対策も教えてくれます。

先日、高松市内のあるお宅で、床下で排水の音がするから、見て欲しい と
依頼があり、私が床下にもぐってみると、排水は大丈夫だったのですが、
シロアリが居るのに気がつきまして、すぐに業者へ調査以来をかけた所、
イエシロアリが居る事が判明しました。
幸運な事に、早く気がついたのがよかったので、被害はさほど在りませんでしたが
すぐに、処理工事を行った事で、甚大な事にならなくて済みました。

こういった、早めの対処が重要だと思います。
気にかかりましたら、申し付け下さい! 
※シロアリ(Wikipediaより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%AA











[PR]

# by zengoro | 2017-06-27 09:41  

安心の保証

先週、住宅のメンテナンス費用の事をUPしましたところ、
思いもよらず、多くの反応を頂きました。
声の多くは、“いきなりそんな大金ある訳ない!” というもの。
そりゃそうです。マイホーム建築世代は、たいていの場合お子様の学費や
その他の支出の多い年代です。なかなか捻出できるものではありません。

しかし、突然にお湯が出なくなる ってことも十分考えられますね・・。

そこで、今回ご紹介するのは、ころばぬ先の杖 と言える、住宅設備延長保証と
住宅の価値を維持するために オーナーズクラブです。
e0064493_18265265.jpg
e0064493_18270168.gif
①住宅設備延長保証(SOMPOワランティ)
もともと、メーカーさんの保証が付いているものが多いですが、たいていは1年です。
メーカーさんの延長保証を使っても大抵5年。。実は故障が起きるのは8年を過ぎてからが
圧倒的に多くなります。そんな時期を保証してくれるのが、これです。
期間中何度でも、また、火災や落雷にも対応、24時間365日スタッフが待機していますので
とても安心です。※メーカーの案内はこちら↓
http://www.sompo-swt.com/plan/eco.html
e0064493_18265721.jpg
②ジオ優良住宅オーナーズクラブ
どんな建物でもメンテナンスは必要です。そんなメンテナンスを計画的に行い修繕に係わる
費用を積み立てていくシステムです。このクラブに参加すると、建物点検サービスや
他の特典にも恵まれるし、こちらにも24時間365日クラブメンバーには、コールセンターが
様々な質問に応えてくれます。※メーカーの案内はこちら↓
https://yuryojutaku.com/guide

どちらのサービスも住宅保持者目線でシステムを作って頂いていますので、
手を打たない方との差は結構出ると思われます。

建築の仕事をさせて頂き、新しく建物ができたお宅でも、やはり数年後は
設備や外壁補修の話が出てきます。
転ばぬ先の杖、、考えてみませんか?












[PR]

# by zengoro | 2017-06-24 18:35 | 現場レポート