2016年

2016年がスタートしました。
佐伯工務店では、恒例の新年祈願を無事終え、工事が始まりました。
↓毎年行われる新年祈願
e0064493_951474.jpg

手のまがい、足のまがいの無きよう・・・。とお祈りです。

さて、建築・不動産業界の2016年の動向ですが、
まず一番手に上がるのが、消費税10%へのカウントダウン&駆け込みについてです。
2017年(来年)4月に現行8%→10%になる予定です。
建築は2016年9月までに契約していれば、2017年4月以降の引き渡しも可。
建物付不動産は2017年4月までに引き渡しが、8%の条件です。
消費税はこれまで、3%→5%→8%と、3回増税されましたが、その都度駆け込みと呼ばれる
増税までに購入したい層があり、建築業界もてんやわんやとなります。ご計画のある方は
早めの対応をお願い致します。(建物以外のエアコンや照明カーテンは2017.4に10%です)
住宅ローン金利
史上最低金利と言われるローン金利が続いていますが、今年もその傾向が続きそうです。
中でも、フラット35S金利Aは、更に10年間0.6%金利マイナスという、すごくお得です。
金利は金融機関さんによって違います。期間もありますので詳細はこちらを参照下さい。
フラット35→http://www.flat35.com/loan/flat35s/
空き家(ストック活用)対策
空き家の活用を促す政策が練られています。3世代同居改修工事に補助金が出たり
耐震改修工事・耐震改修診断等に補助金、税制優遇措置が継続されます。
長期優良住宅、性能表示住宅
新築に良く使われるようになりましたが、既存住宅にも活用が促されるようになります。
既存住宅には新築住宅程厳しいガイドラインは取られないと思いますが
一定の基準を超えるリフォーム物件については、補助金も活用できます。
新築物件については、地域型住宅に認定できると補助金の制度等も4月以降の
予算組で確定されると、活用できます。
省エネ、ゼロエネルギー住宅
ゼロエネルギー住宅とは、建物の高気密高断熱化と高効率設備の導入で使用する
エネルギーを抑え、太陽光発電等でエネルギーを創り、消費エネルギーを正味でゼロにする
住宅の事です。未だ具体的な基準は決まっていませんが、4月までには、基準が決定するようですので
その後、具体的に法整備や予算組がなされ、補助金等の拡充につながると思います。
⑥住宅のスマート化
コンピューターやインターネットに繋がり、更に住宅は賢くなります。
スマートフォンで家の鍵が開いたり→https://akerun.com/
エネルギー使用量が解ったり、お風呂や暖房を家の外から管理出来たり↓
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/aiseg/merit/index.html
ペッパー↓が来たりします。(ソフトバンクより)
e0064493_10541759.png

※写真はパナソニックより↓
e0064493_10545419.png

e0064493_10551322.png

e0064493_1104758.png


佐伯工務店では、柔軟な技術対応と知識取得でよりお客様に有意義なご提案ができるよう
努めて参りたいと思います。
基本は技術も忘れずに・・。
本年も一年どうぞ宜しくご愛顧のほどお願い申し上げます。
[PR]

by zengoro | 2016-01-07 09:32 | お知らせ  

<< 庭の話をしてました。。 謹賀新年 >>