木の断熱材

坂出市で行っております、古民家再生工事現場では
断熱材に木を加工したものを利用しています。
寒い古民家では、断熱材の強化が必須となりますが

お施主様の要望で、石油系の品物をできるだけ使いたくない との
相談を頂き、性能を落とさず、かつ、費用の上がらない物を
選択いたしました。

◆現場に入った、木の断熱材↓
e0064493_17285590.jpg
e0064493_17270021.jpg
比較的暖かい香川でも、冬はそれなりに寒く冷たくなります。
古民家のように通通では、いくら暖房しても暖かくなりませんし
体感温度も低いままで、気持ち良く無く、体にも悪影響です。

◆床下、天井にはめられる木の断熱材↓
e0064493_17282278.jpg
e0064493_17275182.jpg
e0064493_17284998.jpg
e0064493_17282278.jpg


さらにこの上から、気密シートを張り巡らし、機能を向上させます。
今回断熱強化している部分は、香川辺りでは、性能表示で4(最高ランク)が
取れるほどです。

◆気密シートを張り巡らしている作業中のところ↓

e0064493_17341512.jpg



古民家の風合いを残しながら、近年の住宅事情に近い住み心地がないと
これからの生活が大変です。
今回、木の繊維の断熱材を使い、環境にも優しく、体にも優しい。
未来環境型の古民家再生となっております・・・!


※木の繊維断熱材詳しくはこちら↓
http://www.kinoseni.com/












[PR]

by zengoro | 2017-02-25 17:37 | 環境  

<< 築14年 メンテナンスの依頼です 使いにくい補助事業です >>