例年に無く相談が多かったです

この時期の相談として、“シロアリ” についてのことが、多いのですが
今年は、例年に無く相談が多かったように思います。

“シロアリ”生態として、この時期に羽アリと呼ばれる、羽の付いたシロアリが
大量に空気中を飛び回ります。この連中自身は木材を食い荒らしたりしませんが
この連中が、飛んだ先の木材に卵を産みつけ、そこで産まれた奴等が木材に
被害を及ぼします。
◆イエシロアリ対処の工事様子↓
セントリコンと呼ばれる、シロアリをおびき寄せてしまう装置を設置中

e0064493_10105766.jpg
e0064493_10110291.jpg
e0064493_10110606.jpg


一口に“シロアリ”と言っても、日本には2種類の“シロアリ”が居まして
①ヤマトシロアリ
②イエシロアリ  と、名前が付いています。
このうち、香川県では①のヤマトシロアリが多く居るのですが、こちらのシロアリは
割と被害が少ない傾向があり、むしろ怖いのは分布の少ない②イエシロアリです。

群れの生息数と勢いが圧倒的に強く、巣を持つ為に、そこにある木(家)を
食べ尽くしてしまう特性を持っています。これにやられると、人間の骨にあたる
木造の構造材である木は、中身を綺麗に食べられてスカスカになります。
また、厄介な事に、シロアリは明るいところがいやなので、木の表面は食べずに
木の中身ばっかりを食べます。このために、床下や天井裏等に多く生息し
発見が難しく、手遅れになるケースも多く在ります。
◆シロアリ対策の薬剤。
食べると脱皮できなくなり、死んでしまう。死んだシロアリを食べて巣ごと絶滅

e0064493_10123052.jpg

シロアリ対策として挙げられるのは
(1)シロアリの好きな環境にならない
 ・水分(湿気) ・食べ物(木材) ・暗がり が、シロアリの好きな環境です。
例)床下が湿気ている。
  木材を外に地面に近いところに置いてある
  床下に換気口がない  など、好きな条件 を、外しましょう。

また、専門業者に依頼して、定期的な点検と定期的な防蟻処置を行いましょう。
業者の床下点検は大抵無料で行ってくれます。また、状況を説明してくれて
対策も教えてくれます。

先日、高松市内のあるお宅で、床下で排水の音がするから、見て欲しい と
依頼があり、私が床下にもぐってみると、排水は大丈夫だったのですが、
シロアリが居るのに気がつきまして、すぐに業者へ調査以来をかけた所、
イエシロアリが居る事が判明しました。
幸運な事に、早く気がついたのがよかったので、被害はさほど在りませんでしたが
すぐに、処理工事を行った事で、甚大な事にならなくて済みました。

こういった、早めの対処が重要だと思います。
気にかかりましたら、申し付け下さい! 
※シロアリ(Wikipediaより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%AA











[PR]

by zengoro | 2017-06-27 09:41  

<< 構造材のチェックです 安心の保証 >>