構造材のチェックです

今月上棟する住居の構造材を徳島海部まで、チェックに行きました。
乾燥工程が終わり、材料加工に入る前段階でのチェックです。
佐伯工務店では、木の家を造る事を皆様に告知致しておりますので
しっかりした木材を確認しに毎度、海部まで足を運びます。

◆倉庫に積み上げられた材料。杉と桧。いつもお世話になっている野田さん↓
e0064493_12034237.jpg
e0064493_12042119.jpg
e0064493_12043289.jpg
e0064493_12051851.jpg

地元の木を地元で消費したい、また良質な国産材を、適材に上手く使いたい
気持から、家を建てようとする方々に、四国の木の良さをお伝えしております。
残念ながら、外国産材を利用することもありますが、可能な限り
想いを伝えられるようにしております。

◆海部の高温多湿な気候が大きな材の杉・桧を育てます。
懐の大きな山は、いい材質の木材の宝庫ですね↓
e0064493_12044978.jpg
e0064493_12051183.jpg
e0064493_12045623.jpg
e0064493_12050320.jpg


構造材は相変わらず、乾燥度合いも上々。材寸もどっしりと取ってあり、
木の目も申し分なくそろえて頂いてます。
倉庫の中は、すごい木の香りで、むせ返す程。。
日本の樹はいいなあ と、再認識できます。

◆木の表面だけでなく、中の方も大切。
今回もしっかり好い仕事して頂いてます。
e0064493_12041076.jpg
e0064493_12034818.jpg
ゆっくりと時間をかけて育った木を、ゆっくりと時間をかけて家として造り
ゆっくりとゆっくりと住んで頂ければ、良いなあ~。

家の図面を頭に描きながら、いろいろとできることを考えての
楽しい車中となりました!





















[PR]

by zengoro | 2017-07-01 12:12 | 設計士さんの一喜一憂  

<< 働く仲間 募集中! 例年に無く相談が多かったです >>