続けての棟上 でした。

梅雨の雲もなくなった、今週・金曜・土曜と、二軒続けて上棟が
執り行われました。とても暑い日で、大工さんも汗だくでしたが
予定通り、きちんと済ます事ができ、ホットしております。

◆金曜日の教授の家上棟の様子↓
  教授の家は、徳島海部より徳島杉を取り寄せました。登梁工法による
  こだわりの空間造りです。構造材を家の中より見えるようにする
  現し と呼ばれる、造り方を取り入れています。
e0064493_09004742.jpg
e0064493_09005917.jpg
e0064493_09010460.jpg
e0064493_09013976.jpg
◆土曜日の出作熊野神社社務所 上棟の様子↓
    社務所は厳かな雰囲気とするために、真ん中に合掌という材木の
    組み方を取り入れています。焼杉や漆喰を基調とした雰囲気のある
    建物になります。
e0064493_09020119.jpg
e0064493_09020811.jpg
e0064493_09021442.jpg
e0064493_09022115.jpg


建て方とも呼ばれる上棟、派手な見た目ですが、大工さん達は高所作業等に
より、普段より緊張して作業を行っています。炎天下もあったことですし、
二日間頑張ってくれた大工さん達は、帰ってからのビールが
さぞ、美味しかったでしょう・・・。
ご苦労様でした!

熊野神社では、氏子さんたちへのお礼と周知も込めて、
上棟後に餅投げ式が行われました。これも懐かしい光景であり、
微笑ましい光景です。こんな洒落た習慣を執りいれた関係者の方々に
感謝と地域住民の誇りとなるような神社に感謝です!

◆餅投げ式の様子です↓
e0064493_09142708.jpg
e0064493_09140114.jpg
e0064493_09143344.jpg
e0064493_09141718.jpg












[PR]

by zengoro | 2017-07-15 09:15 | 現場レポート  

<< 夏祭り のご案内 現場の写真整理 >>