化粧野地 ってなんだ?

よく使う手法に、化粧野地があります。
野地というのは、屋根の下の板のこと。
化粧というのは、仕上げになること。
(下地に隠れてしまいそうな木を仕上げとして使うこと) 

◆化粧の天井の家の写真です。
    高瀬の山荘↓
e0064493_09135600.jpg


e0064493_09142873.jpg

古民家再生↓

e0064493_09075955.jpg
仏生山の家↓



e0064493_09111081.jpg

塩江の家↓
e0064493_09320350.jpg

屋根や天井の骨組みまで見えるやり方です。

工事の最中は、傷や凹み、割れ、抜け節、色合い 等、とても気を使いますが
出来上がりは、さっぱりして、とても潔く、かっこいいです。
また、その下に仕上げ材をもう一度施工する事が無いので、工期短縮や施工費の縮減等
考える事ができます。

◆現在施工中の化粧野地の家
 教授の家↓
e0064493_09192792.jpg

社務所↓

e0064493_09195845.jpg
e0064493_09200469.jpg

木を前面に出しますので、和風の雰囲気になりますかね~。

家を建てる方の好みもありますので、どちらが良いと言うのではないですが
こんな方法もありますので、家を考える、リフォームを検討している と言った方は
選択肢を広げて、自分好みの設えにチャレンジしてみては如何でしょうか。

あれはできません、これも無理です・・テナ事ではなく、
ご要望はしっかり受け止め、しかと理屈を考えて、ご提案を致しますよ~!






















[PR]

by zengoro | 2017-07-25 09:22 | 現場レポート  

<< 耐震改修工事 終了致しました~ 木の香りいっぱい の建物です! >>