耐震改修工事 始まりました

仲多度郡多度津町にて、木造平屋建・築48年の建物の耐震改修工事が
始まりました。昨年、多度津町で行われた耐震診断会に来られ、診断を行い、
その後改修工事の検討を始められて、この年末にかけての工事となりました。

耐震診断では、建物が大きい地震で倒壊する恐れが高いと結果が出て
九州の地震の事や、今後の事も頭に入れながら検討しました。
診断や改修工事は国と県、町との負担による補助金で多くの部分が賄えますので
その負担も少なくて済むようになっています。

◆既存の壁を取り除き、新しい筋交いと金物を入れます。↓



e0064493_18225585.jpg
e0064493_18230851.jpg

                  b
e0064493_18234700.jpg
e0064493_18235254.jpg



e0064493_18240644.jpg

耐震改修工事では、住みながらの工事が多いので、工事の計画をしっかり立てて
お施主様の負担も軽減する事も検討しないといけません。
今回は、工事を3度に分けて、西から~真ん中~東へと、移動していきます。
まだ、寒い時期ではないので、今が工事のベストでしょうか・・。

年末に向けて、工事が進みます。

◆耐震診断時の様子↓
 基礎のクラック~屋根裏の様子~床下の様子
e0064493_18250422.jpg
e0064493_18244005.jpg
e0064493_18245314.jpg











[PR]

by zengoro | 2017-10-21 18:16 | 現場レポート  

<< ずいぶんと仕上がって来ました~! 木太町にて上棟式が執り行われました! >>