中間 自主検査です。

高松市で行っております、住宅の中間自主検査を行って参りました。
住宅の中間検査とは、柱等骨組みができた時に、柱や筋交い、それらを緊結する金物等が
確認申請時に出した通りにできているかどうかを検査する物です。

これは、確認申請機関 と、瑕疵保険検査機関 とが、ほぼ同じような項目を二度
行います。更に、弊社では(ほぼそうされていると思いますが・・)、その検査の前に
自主(自社)検査を行っておりますので、都合3度、検査が行われる事になります。

お施主様にとっては、非常に安心ですよね~。

◆弊社自主検査の様子です↓
e0064493_15132903.jpg
e0064493_15130922.jpg
e0064493_15134049.jpg
e0064493_15134790.jpg
隠れてしまう部分ですので、本来計画された強度を保てるように
現場でも確認は必要です。設計者の意図と、お施主様の考えを
現場がしっかり・キッチリ対応しなければなりません。

大切に、大事に、工事を進めて参ります~。











[PR]

by zengoro | 2017-10-31 15:08 | 現場レポート  

<< シエル にて、イベントです! 緑(植栽)の効用 >>