南岳山光明寺

8月の酷暑の中、西条にある南岳山光明寺という安藤忠雄さんの設計した
お寺を見学に行ってきました。


安藤忠雄さんと言えば、世界的に有名な建築士でコンクリート打放の
建物が多いのですが、ここの本堂は木造でつくられています。
(受付部分はコンクリート)

門をくぐると、水の中に建っている本堂が目に飛び込んできます。
連立する柱、大きく延出る屋根がひときわシャープですが
水の中に浮かんでいるそれは、何故か安心感が湧いていきます。

外郭部分は米松集成材の柱を並べ、間にガラスをはめこむ。
構造体は大集成材を使い空間を構成し、
水の中に浮かべる。。。
どうしたら、こんな素晴らしい発想ができるのでしょうか。
安藤忠雄さんの頭の中を覗いてみたいものです。
e0064493_1713194.gif
e0064493_14135813.gif
[PR]

by zengoro | 2006-08-17 16:35 | 設計士さんの一喜一憂  

<< 地鎮祭が執り行われました。 鹿児島・シンケンさん >>