カテゴリ:講習( 23 )

 

二日間学んで来ました。

東京周辺で行われているミーティング、講演に参加して来ました。

~ミーティング~
パッシヴソーラー・・。
あまり耳なじみがない方が多いとは思いますが、太陽熱や風、季節の状況を
建築に上手く取り込み、気持ちよく暮らそう  といった感じでしょうか・・・。

太陽熱利用床暖房や彩風計画、落葉樹や自然素材を上手く使い、石化エネルギーを
削減しながら、尚且つ自分も気持ちよく住める住宅を考える方たちが居ます。
その方たちのZEH(ゼロ・エネルギー・住宅)への検討、考え方 を、話していました。
※会場の様子↓
e0064493_16212773.jpg


この分野、好きな方は大好きです。私もそのうちの一人。
昔から良く知っている方々が、一同に介し、短い時間ですがお話をして下さいました。
懐かしく思う反面、改めて方向性を考えました。
エアコンも気持ちいいけど、カーテンを揺らし、通る風も気持ちいいですよね?
そんなパッシブ です。。


~講演・合同建材説明会~
二日目の講演は、今とても認知度UPの“隈研吾”さんの講演でした。
ジャパンホームビルダーズショー と呼ばれる、年一度開催される建築機器の
合同説明会 のようなものの中に組み込まれたイベントです。

隈さんといえば、新国立競技場を設計される方で、最近一躍有名となりましたが
建築業界では知らない方が居ないほど、元々著名な方でした。
新国立競技場では、日本の木材を多く使う事が試されますが、もともと“木”を使った
建築が多いので有名です。そんな、建築についての馴れ初めから、国立競技場までの
お話をして下さいました。
※関連の写真です。(最後が隈さん、講演)
e0064493_16324574.jpg

e0064493_1633372.jpg

e0064493_16331529.jpg

e0064493_16333071.jpg

e0064493_16335364.jpg


二日間、見る人・聞く人により、感想は違うと思います。
自分には、自分で理解し、飲み込み、お客様の次の建築に
生かせるよう、グルグル考えます・・・。
[PR]

by zengoro | 2016-10-27 16:35 | 講習  

宅地建物取引士

宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)の法定講習を受けて参りました。
    〃     とは、土地や建物の売買取引、賃貸借等の中間媒介が
出来る資格に試験合格し登録した者です。
毎年、3万人くらいの方が試験に合格し、世の中に誕生します。
建築士は建物を造る際に必要な資格ですが、取引士は権利が動く場合に
必要になる資格です。
権利関係の移動も仕事の範囲に含まれますので、民法といった法律も出てき、
結構こんがらがる内容の話が多くあります。
(ちなみに一級建築士は約4000人/年程度)

最近の工務店におられる方は、宅建士と建築士の両方を持つ方は少なく
なりましたが、僕らの年代の実務者は両方持っている方が結構います。
時代の流れのように思います。

5年に一度(少ないように思いますが)一日間の法定講習があり、
近年の業法改正点や税制制度、建築基準法の絡み等を講習し
これを受けて居ないと、更新ができず取引もできません。

工務店には、建築士(建てるとき)、宅建士(売買等するとき)、職人等を
多く備えている企業が多く存在します。まちの建物の総合お医者さん といった
感じでしょうか。何でも対応できるイメージがありますね。

ちなみに先日ちょっと調べてみたのですが佐伯工務店には
一級建築士×2名
二級建築士×4名
一級建築施工管理技士×2名
宅地建物取引士×3名       居ました。
(国家資格のみ抜粋 他増改築相談員とかまだまだあり)
この規模の工務店としては、随分資格者が多いと思いますね・・。

多くの事(知識)を仕入れて、自身でフィルターにかけて、最良の物を
お客様にお届けする事が大切だと思います。この日は一日座学でありましたが
そう考えると、良い一日だったように思います。

※写真は講習の様子です↓

e0064493_1735354.jpg

[PR]

by zengoro | 2015-12-11 17:35 | 講習  

住宅省エネルギー技術者講習

強風吹き荒れる中、小豆島で開催された標記“住宅省エネルギー技術者講習”に
講師として参加させて頂きました。毎回まる一日の講習なのですが、今回より
半日コースができ、今回その半日コースとなっています。

何の講習か?というと、
地域の中小建築会社も断熱性能と省エネ機器を導入した家を造るようにと
国土交通省が補助金を出し、講習を行っているものです。
e0064493_17352552.png

e0064493_17303374.png

1965年から比べると、住宅の消費エネルギーは約倍増です・・。

未だ日本における住宅建築の大部分は地域の中小企業の工務店やハウスビルダーが
行っていますが、ここの部分が断熱や省エネ機器について、結構知識がなかったり
施工に対する意識が無かったりするので(しっかり見に付けている方も大勢います)
ワザワザ補助金まで出して、講習会を行っているというのが本音だと思います。

さて、住宅における省エネ施策ですが、“平成25年省エネルギー基準”という物が
平成25年10月に施工されました。また、27年4月1日からは完全施工となりました。
違反についての措置等が無いために、業界もそんなに騒いでいませんが、2020年より
違反についての措置も始まりますので、業界もそろそろざわめき始めると思います。

平成25年省エネルギー基準とは、簡単に言うと
◆ある程度の断熱性能を持った家(性能評価の一番上)
         +
◆省エネルギー(効率の良い)の機器
  が、根底です。
新築もそうですが、リフォーム工事にも当てはまる部分が多くなります。

既に、中小建築屋さんでも上記内容をはるかにしのぐ建物を作っている方も
大勢いますので、そんな方達は別です。
今回の講習は、省エネ意識の少ない方達(職人さん等)にも、省エネの知識と意識を
植えつけて頂き、未来の地球温暖化等に備えましょう  と言った講習でありました。

※参考にして下さい↓省エネルギー庁 一般向け省エネ情報です。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/
[PR]

by zengoro | 2015-12-04 18:03 | 講習  

研修です

東京ビッグサイトで行われました、ビルダーズショーに二日間、勉強しに
伺ってきました。
セミナー2本と、各ブース訪問です。

お客様に最高の建物を供給できるように、知識と体験の仕入れです。

目的は
①建築仲間の体験談を知ることで、良い物を御客様にご提供する
②最新、最高の建築素材、サービスを知り、お客様に提供する ということ。

流石に日本最大の建築ショーだけありました。
知らない事もあり、最新の技術もあり、
多くの観客と、素映らしい内容に満足です。

仕入れた情報を自身でしっかりまとめ、
最大限お客様にご提供する事がこれからの仕事です。

※写真はセミナーの様子です。
 皆さん、真剣に聞き入ってます。
e0064493_14331851.jpg

[PR]

by zengoro | 2015-11-20 14:35 | 講習  

シンポジウム参加してきました。

和の住まい シンポジウムに参加してきました。
高知は須崎 まで。。結構遠いです。

全国を廻るリレー方式のこのシンポジウムでは、‘和の住まい’を
取り上げて、有識者等で講演があります。

和の住まい~なかなか難しいキーワードでありますね。
何処までで線が引かれるのか。誰が決めるのか。。
いろんな意見がありました。

※写真は後援会、会場の様子です↓
e0064493_1749582.jpg
e0064493_17501950.jpg

[PR]

by zengoro | 2015-01-18 17:50 | 講習  

セミナー講習です。

リビングショーで行われるセミナーに、興味のあるものが
二本続いていましたので、ショーと合わせて伺いました。
(一本目)
小池一三氏と鯰組 さん。
小池氏は、OMソーラー等立ち上げた方で、パッシヴの草分けといった方。
鯰組さんは、池袋で建築事務所をされている方。
(二本目)
熊本・ミズタホーム 水田氏
鹿児島・シンケン 迫氏
規模は違いますが、とても素敵な家を作る 方々。

いずれの方々も以前より面識はあり、同じ方向に進んでいたことも
ありました。
彼らは、真剣に家づくりに取り組んでいて、妥協のない姿に
いろいろなことを考えさせられます。

時々、こういった刺激を受け、いい家づくりの推進力に
なるよう心がけています。。。

※写真はセミナーの様子です↓
e0064493_19262322.jpg

e0064493_19263433.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-11-13 19:26 | 講習  

改正省エネ基準と認定低炭素住宅 講習です

住宅の省エネについての講習に伺いました。この講習、毎年行われていますが
何回聞いても良いお話です。

住宅に使われるエネルギーは大きく分けて(家庭用エネルギーハンドブックより・関東)
・照明、家電等 約41%
・給湯 等    約37%
・暖房 等    約20%
・冷房 等    約 2% 
  
冷房って、年間エネルギー消費の中では結構少ない事がわかります。
また、暖房や給湯にも意外にエネルギーが使われています。。。

では、何が大切か。。
そのご家族で省エネに対して意識が違うと思いますので
一度、考えてみることが重要なのかもしれませんね・・・。

高気密、高断熱。。。大切ですけど、限界もあります。
高効率、太陽光発電、パッシヴソーラー 等も兼ね備えが
これからの住宅が環境にもたらす上で、重要なのかもしれませんね~!

※写真は講習の様子です↓

e0064493_1021525.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-08-23 10:21 | 講習  

監理技術者講習

監理技術者講習 なるものを受けてきました。

建築施工監理技術者なる資格取得者が5年に一度受ける講習です。
こういった講習、おおく存在するので、大変なのですが
今回の講習は結構、面白かったです。

現場監督用のこの資格の講習ですので
現場の事が多く出ます。
特に最新の建築技術などは、普段なかなか目にすることが
出来ませんので、興味がありました。

普段その業界にどっぷり浸かっているとなかなか見れない
大きな視点での認識に、思うことも多くあり、丸一日の講習ではありますが
得る物も多くあったなあ。。と、思う講習でありました。


※写真は講習の様子です↓

e0064493_16362728.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-08-07 16:36 | 講習  

既存住宅現況検査技術者講習参加してきました。

既存住宅現況技術者講習(舌かみそう)の検査員になるための
講習に高知へ伺いました。
今ある住宅の状態を調べる事の出来る資格です。

国は、空き家対策の一環で、中古住宅の流通に力を入れていますが
中古住宅はその家の状態が解りにくいという話が良く出ます。
検査委員が調査し、ある程度の状態が把握できれば流通も多くなるし
リフォームや売買にも解りやすくなりますので、こういった検査のできる者を
増やすために行われています。

講習では、法規的なものから、心得、実際のシートへの記入の話があり、
最後にはしっかり考査(試験)もあります。。
皆さん、結構真剣に講義を聞いておられました。

今回の講習は高知で行われましたので、四国四県の方々が大勢
見られていたように思います!
講義をしっかり身に着け、皆様のご希望に沿えるよう
準備をしておきたいと思います!

※写真は講義の様子です↓

e0064493_9463077.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-06-28 09:47 | 講習  

ユニット四国の講習会です!

長期優良住宅の団体である、ユニット四国の説明会に
伺いました。
今年度の特徴~申請の仕方~注意点等を約一時間かけて
説明を伺いました。
今年度で補助金は打ち切りとなるこの制度、
約120万円の補助金を頂けて、長い期間使う家を建築する
事には大変魅力的な制度ですね。

しっかり勉強して、建築を考えている方々に
ご提案できるようにしたいと思います。

その後、建設保険についての講習も受けまして
本日は2項目・・・。大変勉強になりました!

※写真は会場の様子です↓
e0064493_18413322.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-04-22 18:41 | 講習