カテゴリ:現場レポート( 383 )

 

屋根診断

世の中、結構資格がおおく存在しますが、屋根診断士 なる 資格もあるそうで
建築士ではありますが、私はその資格は持っておりませんけど、
よほど専門的な知識で無い限り、大体は現場を見ると把握できます。

今回、建物の屋根を見て欲しいと依頼がありまして、ソソクサと、屋根の上にあがり
状態を拝見させて頂きました。屋根はスレート瓦と一般的に呼ばれる
セメントで作られた瓦にペンキを塗っているものです。
丁度40年ほど前に多く造られていたもので、その頃の流行だったのでしょう。。

状態は良く、これを葺いた(屋根を作るのを 葺く と、言います)職人さんの
腕は相当良かったのだろうなあ と、感心させられるほどの状態です。
1枚だけ、割れている瓦がありましたが、それは交換すれば大丈夫。
ガタもピシも言わない素晴らしい仕事に感服です。

◆一枚だけ割れている部分。これだけ取り替えれば大丈夫↓
e0064493_19220300.jpg


部分的に、苔が生えたり(屋根にも苔が生えるんです)していますが、その部分は
高圧洗浄を行い、下地処理し、塗装をかければ、まだまだ現役続行です。

◆北面には苔の生えた跡が・・。高圧洗浄で大丈夫↓
e0064493_19215397.jpg

人間もそうですが、悪い部分は少しずつ直して現役続行が望ましいですね。
建物も取り返しの付かないまで我慢しないで、少しずつ手を入れるのが
メンテナンスも楽でいいですよ~!

◆破風と呼ばれる端っこの部分は少し悪いので交換必要。
e0064493_19221361.jpg

◆板金と瓦の取り合い(ぶつかるところ)ここは少し悪いので手を入れます。
e0064493_19223481.jpg

◆棟と呼ばれる頂上部分。まだまだ大丈夫
e0064493_19224615.jpg













[PR]

by zengoro | 2017-06-20 19:28 | 現場レポート  

出作熊野神社社務所工事始まりました

6月吉日、天気晴朗の善き日に地鎮祭が執り行われました。
梅雨に入り、天気が心配されていましたが、この日は晴天でありました。

◆神さんが手配してくれた?晴天での地鎮祭↓
e0064493_18085551.jpg
e0064493_18090331.jpg
数年前より社務所の老朽化を懸念する声が上がり始め
氏子総代・役員方始め氏子の皆様と色々な協議があり
建設委員かなるものが昨年立ち上がり、ここまでこれました。

◆以前の社務所↓雨漏り等、老朽化が目立ってました。
e0064493_18071092.jpg
e0064493_18081541.jpg
e0064493_18080865.jpg
5月下旬に解体工事が始まり、更地になったところで
大きく育ちすぎた神木の剪定を行ってからの地鎮祭です。

◆解体前に神事を行い安全祈願→解体作業も細かく仕分けをしながら進みます。
神木も剪定・・。レッカー使用しながら。。
e0064493_18172280.jpg
e0064493_18173595.jpg
e0064493_18164842.jpg
e0064493_18165940.jpg
e0064493_18094814.jpg

更地になった後は、氏子総代の方々と地縄(配置について)の協議です。
多くの意見が出されつつ、方向性が決まっていきます。
これからは基礎工事が始まっていきます。建物が出来上がるのは
9月の中旬。それまで神様に誓って頑張ります!

e0064493_18092858.jpg
e0064493_18091953.jpg












[PR]

by zengoro | 2017-06-13 18:16 | 現場レポート  

住宅の耐震改修工事始まりました

高松市にて、住宅の耐震改修工事が始まりました。
高松市の補助金を利用した工事です。

まず、耐震診断と言われる、その住宅の耐震性能を把握します。
これにも補助金がありますので、有効活用を・・・。

その後、耐震性能を補うために、資料作成→申請→工事と、
段階を踏んでいきます。

◆写真は工事の様子↓
e0064493_11204431.jpg
e0064493_11211034.jpg
今回の耐震改修工事の主なポイントは、
①屋根瓦(重い屋根)をガルバニウム鋼板(軽い屋根)に交換
②それでも強度不足を壁で補強 の二点です。

◆写真は瓦をはぐった所と、野地板の増貼です。
野地板の増貼りは、申請上の補強UPには繋がりませんが、
実質的には屋根のねじれを相当押さえ、耐震効果は高いです。
e0064493_11212261.jpg
e0064493_11214036.jpg
e0064493_11212873.jpg

一日目はここまでで作業を終えるために、ブルーシートをかけます。
晴れる日が続く日程を選んでの作業ですが、もしもの事を考えて
シートをかけての作業終了。

◆シート掛けし、桟で押さえます↓
e0064493_11215220.jpg
e0064493_11215957.jpg
次の日には、屋根全体を野地板貼り行い、できたところで
ルーフィングと呼ばれる、下地防水シートを貼りつけます。
ここまでできると、一安心。

◆ルーフィング貼り↓暑い中ご苦労さんです・・。
e0064493_11222790.jpg
e0064493_11223407.jpg
この後、屋根葺き→外壁工事→樋工事 と、外部は工事が進んでいきます。

住宅の耐震化、自治体は本腰入れて進めています。
少し不安を感じて居る方、まずは耐震診断から初めて見ませんか?
補助金を活用すれば、お徳です

※耐震診断、改修・補助金の香川県サイトはこちら↓
http://www.pref.kagawa.lg.jp/jutaku/taishinhojyo/











[PR]

by zengoro | 2017-06-10 11:36 | 現場レポート  

高松市にて書庫棟の工事です

高松市にて、書庫棟を作り始めました。

某教授が家を建てるにあたり、どうしても家の中に納まりきらない本の群れを
家の外にもう一つ家を造り、本を納める計画です。
先生、とても本好きで、ご自宅に伺うと家の中は本が一杯でした。
更に別の場所に本専用の貸しルームを持っていて保管していました。

以前、香川大学の教授の方の建物を改修工事させて頂いたときも
家の中は本で溢れ返っていました。先生、本好きなのですね~。
本好きの先生だと、なんか安心しますね・・。
勉強一杯しているんだと思います。

この後、ご自宅の新築工事も掛かります。
長期優良住宅で太陽熱を使った床暖房住宅です。
気持ちいいでしょうね~!

◆写真は本日行った配筋検査の様子です。
隣の黒い土は、畑用に運んで来ました。ここで、書庫と畑を造ります!

e0064493_18175959.jpg
e0064493_18180738.jpg
e0064493_18181486.jpg
e0064493_18182112.jpg












[PR]

by zengoro | 2017-04-29 18:18 | 現場レポート  

坂出の古民家完成写真

坂出にて行っておりました、古民家の改修工事が終了致しましたので
完成写真を撮影して参りました。

◆右半分は水周りの増築部分です。
(下の三枚は増築部分の室内)↓

e0064493_17461413.jpg
e0064493_17471041.jpg
e0064493_17471771.jpg
e0064493_17472322.jpg
◆リビングは元にあった天井を取り払い、梁を見せました。
キッチンは奥様と手造り。細かい使い勝手を調整↓

e0064493_17543686.jpg
e0064493_17544995.jpg
e0064493_17551623.jpg
◆奥のトイレはお客様用にセッティング。古い建具も可能な限り再利用です↓

e0064493_17575562.jpg
e0064493_17580406.jpg
e0064493_17583149.jpg
e0064493_17581967.jpg
e0064493_17584058.jpg
◆和室も綺麗になりました↓

e0064493_18004527.jpg
e0064493_17595626.jpg
e0064493_18001146.jpg
やること一杯の田舎暮らしですが、縁側に座っていると、鳥のさえずりしか
耳に届かない気持の良い時間が過ごせます。
こんな生活も好いなあ~と、思わせる古民家です。。












[PR]

by zengoro | 2017-04-01 17:55 | 現場レポート  

完成披露パーティー

サカイ商事㈱池田工場増築工事の竣工披露パーティーが行われ
参加して参りました。

◆披露パーティーの様子↓
e0064493_18303950.jpg
e0064493_18305932.jpg
e0064493_18304835.jpg
個人的にも会社的にもとてもお世話になっている会社でありまして、
工場が大きくなる、新装される事、自分の様に嬉しく思います。

担当される方々は、設備拡充に付きご苦労されるかとは思いますが
益々充実し、繁栄される事心より御祈念申し上げます!

◆挨拶される堺社長と恒例の盛大なバーベキュー↓
e0064493_18310824.jpg
e0064493_18311593.jpg











[PR]

by zengoro | 2017-03-28 18:32 | 現場レポート  

造り付けの水廻り

造り付けの水廻りが出来上がりました。
器具、木、塗装方法、全てオリジナルで、この家にしかありません。

◆つきあたりの手洗い。少し小さなスポットで味付け↓
e0064493_17520824.jpg


e0064493_17522107.jpg

◆トイレの手洗いも、製作しました↓
e0064493_17551824.jpg
e0064493_17553948.jpg
◆洗面の手洗いはこんな感じ。ちょっと大き目の物を選びました↓
e0064493_17560554.jpg
e0064493_17562048.jpg
 
世界に一つのオリジナル品です。
造り上げるのは、打ち合わせも多くなりますが
その分、楽しめますね・・・!


家の外には草花がどんどんと春を告げていました
e0064493_18011694.jpg


















[PR]

by zengoro | 2017-03-25 17:49 | 現場レポート  

改修工事終了致しました~

高松市福岡町にて行っておりました、改修工事が終了致しました。
住居に新しく入居される方むけに、リニューアルです。築20年となる
住居でありましたので、設備も一緒に最新型へと交換です。

◆1.2階のトイレは節水型に。併せて壁紙も雰囲気チェンジ↓
e0064493_08441942.jpg


e0064493_08440389.jpg

◆浴室はクリーニングで清潔に。調子の悪かったドアも交換です↓

e0064493_08461814.jpg

◆壁紙は部屋ごとで、交換する部位とそのまま利用と分けました↓

e0064493_08464283.jpg

◆猫さんの引っかき傷は、付け柱風にアレンジ↓

e0064493_08464947.jpg

◆和室の床をフローリングに交換し、障子をブラインドウに交換しました↓

e0064493_08462696.jpg

◆外部のフェンスも交換し、工事終了へ↓

e0064493_08470175.jpg


このほか、タイルの補修や照明器具の不具合調整、ドアフォン交換等・・。
細かい点にも対応させて頂きました。
築20年の家ですが、気分一新新しい生活が始まります!











[PR]

by zengoro | 2017-03-21 08:53 | 現場レポート  

耐震化工事

丸亀市土器町にて、前回引き続き住宅の耐震化工事が
始まりました。
今回は2階建ての住居です。

耐震診断を行い、改修工事の工事内容の概要をお伝えし、
併せてキッチンも交換する 工事となりました。

熊本の地震があった影響で、丸亀市での耐震改修工事も
大変多いと市の担当者より伺っています。
可能な限り、大きな地震が来ても、耐えうる住宅が増える事に
とても安心感が持てます。
※熊本地震レポートはこちら↓
http://komuten.exblog.jp/25122526/



◆もとあった壁を取り除き↓
e0064493_17042947.jpg
◆筋交いを取り付けます↓
e0064493_17050440.jpg
e0064493_17044283.jpg
◆対角の壁にも筋交いを入れ↓
e0064493_17052949.jpg
◆金物もしっかり取り付けます↓
e0064493_17051917.jpg
◆取り除いた土の壁↓
e0064493_17051337.jpg
大工さん、寒い中ありがとうございます!
まだ工事は続きますが、丈夫な家をお願いしますね~!












[PR]

by zengoro | 2017-02-14 16:56 | 現場レポート  

思い出の写真

道路拡幅工事に伴い、間近に解体される施設の一部分を
写真に収めてみました。
建物を見ていて、建築関係というよりは、思い出として
残って欲しいと思ったからであります。
(建物を確定できる写真は載せないようにしています)

◆洋館風の建物の一部分です↓
e0064493_18330025.jpg
e0064493_18341537.jpg
e0064493_18335519.jpg
e0064493_18331424.jpg
e0064493_18340807.jpg

◆奥の和風建築の一部分です↓
e0064493_18353274.jpg
e0064493_18351558.jpg
e0064493_18360905.jpg
e0064493_18363784.jpg
e0064493_18365321.jpg
とても趣のある、洋館と和風建築物です。
道路の拡幅工事という事で、仕方のない事なのでしょうが、
せめてもの救いは、解体前にこうして撮影ができたことと、
使えるものは解体前に搬出できたこと、更に今後改修工事に当たり
できる限り今まで使ってきたものを再利用できること です。

使えるものをもう一度使うことで、思い出も一緒に未来につなぐ事ができます。
こんな感じの建物を好きな方、結構いらっしゃると思います。。。
(OLYMPUS ARTモードで撮影しました)











[PR]

by zengoro | 2017-02-04 18:40 | 現場レポート