<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

建築士 家を建てるの巻き 4



遂に出た!
第一希望の土地が売り出しているのに気づき、早速アプローチした所、とんとん拍子に話が進み契約へ。
2年近く探して見つからなかったのが、わずか3日の出来事です。
人の縁もありますが、物件も縁があるようですね。

さて、敷地が確定したので次は家を考えなくてはいけません。
どんな家がいいですかね~。

※敷地
仏生山街道(お成り街道沿い)にある古い御菓子屋さん。
歴史街道都市景観形成地区指定内
e0064493_14241380.jpg

[PR]

by zengoro | 2008-02-22 14:20 | 建築士家を建てる  

前山の古民家

前山の古民家 大解剖

3月8日に大窪寺手前の前山にて元庄屋の古民家の見学会を行います。
少々痛んで手直しの必要な古民家ですが、流石に元庄屋の家造りは立派です。
当日は、古民家再生に詳しい設計士の先生にもお出で頂き古民家の魅力、この庄屋の魅力についてレクチャー頂く様になっています。
古民家に興味ある方、一見いかがでしょう。


前山の古民家
e0064493_13493423.jpg

e0064493_13494991.jpg

[PR]

by zengoro | 2008-02-22 13:21 | イベント情報  

それから薪ストーブ



先日、お世話になっている先生より、ある会にて、“佐伯さんとこ、要らない木いっぱいある?”と言われ廃材予定の木を軽トラック一杯にして先生宅へお持ちしました。
運び終わった後、リビングでコーヒーをご馳走になりましたが、リビングの真ん中にあるのは大きなテレビではなく、25年前に購入したというドイツ製の薪ストーブ。
すでに火が入ってあり部屋はポカポカ、庭を見ながらストーブはパチパチ。

テレビが無くとも、薪ストーブがあると家族がリビングに集まるそうです。
ん~、何ともいい時間の過ごし方でした。
e0064493_11483170.jpg

[PR]

by zengoro | 2008-02-04 11:49 | 設計士さんの一喜一憂  

暖房と暖身


読んでいる本の中に、暖房と暖身の違いにふれていました。
昔は、体を温める為に火鉢があり、炬燵がありました。
今は部屋・家中を暖める為に、エアコン・ファンヒーターを付けています。
体を温めるだけのエネルギーと部屋・家を暖めるエネルギーの差は歴然ですよね。
これだけ省エネの機器がメーカーより発売しているにもかかわらず、夏はもちろん、冬の最大電力消費量も更新を続けています。

かといって、私の家でもストーブを点けています。。。
なかなか、難しいですね。
e0064493_11432633.jpg

[PR]

by zengoro | 2008-02-04 11:45 | 設計士さんの一喜一憂