<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

建築士家を建てる 10



見積もり依頼

少しづつ、業者の方へ見積もりを依頼する。
安く出来ないかなと期待を込めるが、思惑通りの見積もりもあればギョ!とするのも出てきます。
自分の出せる予算と、見積もりと、図面のにらめっこです。

安くて越した事はないのですが、あまり貧弱にはしたくないし。。。
何せ、一生に一度あるかないかですから。
後で、すこしづつというタイプでもありませんし。

お客様の家を優先して考えているので、自邸は後回しになりなかなか進みません。。。
プランと予算。
”家を建てるには、大きな山ですよ”と常々お話してきましたが、自身もそこで、超えられないんですね。
[PR]

by zengoro | 2008-04-23 13:38 | 建築士家を建てる  

建築士家を建てる 9



地盤調査の巻き

家を建てる上で、地盤の強度は大変重要です。
大体の建物配置が決まると、地盤強度を測る地盤調査をします。
一般的には、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる、杭をぐりぐり地中に差し込んで地盤の耐力を測る方式が多いです。
この地盤調査を受けて、地盤強度を確認し、見合った基礎を計画する事になりますが、地盤強度が少なければ基礎補強工事となり、それなりの金額が掛かるようになりますので、結果が気にかかります。

どうか、地盤が強固なものでありますように。。。
e0064493_1335129.gif

[PR]

by zengoro | 2008-04-23 13:36 | 建築士家を建てる  

満開です。

佐伯工務店住宅展示場“そ~れたかまつ”の玄関アプローチには芝桜が今年も力一杯に咲いてくれています。ここ数日の春の陽気に誘われて一気に満開になりました。花ってどうしてこんなに人を引きつける魅力があるのでしょうか。。。見ていると本当に癒されます。この春の陽気に誘われて皆様も是非一度足をお運び下さいませ。
e0064493_110264.jpg
e0064493_1104426.jpg

[PR]

by zengoro | 2008-04-16 11:06 | 環境  

勤続47年間本当にご苦労様でした。

勤続47年間本当にご苦労様でした
中学を卒業当時15歳から、今に至る47年間もの長きに亘って佐伯工務店に勤めてくれた大工が去っていった。大工には命である腕の骨折が大きな要因となり、終わりの時を決意したと言う。
一言で、47年間というが、47年前は現代とは訳が違う。事業を始めたばかりの当社には道具を運ぶ手段は原付バイクとリヤカーしかない。今では、車で片道30分の距離をリヤカーを引張り現場まで行ったと語る。今の若者は顔を背けたがる昔話にすぎないが、内容はとても顔を背けることなど出来ないとてもとても深いものである。この人達の汗と苦労があり、今の私たちがある。本当に頭の下がる思いである。
そして、長きに亘り勤め上げた大工は笑いながら去っていった。最後に握手をした手は、大工の太くて、固い皮の指だった。
e0064493_14411986.jpg

[PR]

by zengoro | 2008-04-11 14:04  

第2回 前山の古民家 見学会のお礼

第2回 前山の古民家 見学会のお礼

桜咲く、晴天の中
たくさんのご来場、誠にありがとう御座いました。
中には、午前・午後と2回も足を運んで下さいましたお客様。
前山の古民家の良さ凄さを感嘆して頂き、ありがとう御座いました。

鶯・ヒバリがさえずる気持ちいの良い、前山の古民家でした。
e0064493_10542394.gif

[PR]

by zengoro | 2008-04-07 10:39 | イベント情報  

建築士家を建てる 8



次は、先立つものの準備・検討です。
資金の調達を計画しなければいけません。

仕事柄、たくさんのローンのお手伝いをしてきました。
住宅ローン大きく分けて、民間の金融機関を使うか、フラット35 と呼ばれる、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)主催のローンを選ぶかです。
低金利変動型か全期間固定金利か。迷う所です。

家を建てるためには、ローンの他にまだ必要なお金が結構あります。
・ローン事務手数料・団体生命信用保険(加入者のみ)
・火災(地震)保険料・登記費用・固定資産税・不動産取得税
・上水道分担金・排水負担金・引越費用・外構 等々。。。
上げればキリがありません。(詳しくは担当に確認下さい)

家を建てるには、楽しいだけでは済まないようです。
[PR]

by zengoro | 2008-04-06 10:32 | 建築士家を建てる