<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

図面の見える化・・。

建築の図面って見難いですよね。どうしても建築業者向けに記入するところもあり
一般ユーザーには解り難い所が出てきます。
佐伯工務店では、コンピューターグラフィック(CG)を使い、3次元展開での
パース図をご用意し、これまでの建築写真や見本等を利用し、お客様により解りやすい
提案と図面の作成をご用意致しております。敷地との関係や建物内の動線を
確認することもできます。どうぞお気軽に申しつけ下さい。

※データの一例です。↓
e0064493_17214175.jpg
e0064493_17215243.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-30 09:38 | お知らせ  

自然素材の薦め(4)壁―Ⅱ

前回は最も多く利用されるクロスについてでした。
今回は“漆喰”について・・・。
漆喰の成分は・生石灰・麻すさ・海草のり です。これに現代の漆喰は施工性やメンテナンスを考え補助材料として・メチルセルロース・化学繊維・炭酸カルシウム・顔料等が製品に混入されています。どちらも一長一短ありますが、伝統的工法で造られた漆喰はだんだんと少なくなってきていることです。
“石灰”がだんだん発音が変わってきて“漆喰”になったそうです。
綺麗な白い壁、気持ちいいですよね・・。

e0064493_9515469.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-29 09:49 | sole展示館  

10/3 小豆島完成見学会!

10/3 小豆島町にて完成見学会が開催されます。
瀬戸内国際芸術祭で賑わっている小豆島での開催です。
気候の良い時期に是非ご来場下さい。
詳しくは9月20日の記事をご覧下さい。

写真は見学会場の様子
アンティークな家具を思わせる仕上げになっています。
白い壁と床のイメージがぴったりですね!
e0064493_9391819.jpg
e0064493_9393462.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-28 09:40 | イベント情報  

小豆島 ドデカボチャ大会!

小豆島 大ドデカボチャ大会が行なわれました。20回を超える開催で、全国の大ドデカボチャが一同に集まり、重量を競います。今回優勝された方のカボチャはなんと400キロを越えていました。
優勝者はカリフォルニアで行なわれる世界大会へ出場します。
小豆島の“町おこし”で始まったこの大会ですが、徐々に有名になり全国規模の催しとなりました。
今後も活動が活発で、どんどん盛り上がる大会になっていただければと思います・・・。

※写真はカリフォルニアより見学に来た、ドン(左上)とレオナルド(真ん中)ファミリー
レオナルドは昨年のワールドチャンピオンです。
e0064493_9233875.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-27 09:24 | お知らせ  

工務店 手作り情報誌

佐伯工務店では隔月にて、お客様にとって有益な情報をお出しできるように
情報誌を作成し、DMとして送付させていただいて居ります。
スタッフがそれぞれ担当し作成しているもので、表紙は素人臭さが残るのですが
内容は家に関する情報を出来るだけコンパクトにまとめています。
私達の持っている情報を少しでも皆さんのお手元に届ける事ができればと
思っております。
※情報誌必要な方はこちらまで→TEL:087-864-7440

写真はまとめ間近の原稿の山!
e0064493_9103496.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-26 09:11 | sole展示館  

地縄!

建物の工事に取り掛かる前に、大事なのが建物の配置確認です。
図面では確認できていても、机の上で見る物と、実際に現地で見るものとは周囲の景色の事もありますので、違ってくる事が予想されます。
現地では、必ず建物の配置を出し、駐車場や通路、隣地との関係、
高低差を確認します。それが無事終ると着工となります。
だいじなとろこですので、お施主様と時間をかけて打合せです。

写真は先日地鎮祭を行った所の地縄作業
e0064493_859416.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-25 09:00 | 現場レポート  

香川町での地鎮祭!

香川町で地鎮祭を行いました。建築を行なうに当たり、
地の神様に工事の無事とお施主様宅の繁栄を祈願する行事です。
お清めをして、神様に来てもらい、祭事を執り行います。
神主さんにお清めをしていただけると、心身共に清らかに
なったような心持となります。工事が無事でき、お施主様に
喜んでいただけるよう、一生懸命頑張ります。

e0064493_9243735.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-24 09:25 | 現場レポート  

兵庫県公館見学!

神戸へ出張の機会がありましたので、有形登録文化財である『兵庫県公館』を見学してきました。兵庫県公館は明治35(1902)年に兵庫県庁舎として建設され、長きに渡り兵庫県政の歩みを刻んできた歴史的文化遺産です。昭和60年(1985)年に、迎賓館と県政資料館の機能を併せ持つ兵庫県公館として25年。賓客の接遇、県政の重要な会議や式典に利用されてきました。“美しい兵庫”のシンボルとして、県民に期待されています。フランス・ルネサンス様式を持つこの建物は、山口半六の設計。2003年に国の登録有形文化財に指定。建物周辺の庭及び建物内は、当時の形式を摸反しゆったりとした時間が流れているようでした。

写真は建物東側庭より兵庫県公館を望む
e0064493_9361766.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-23 09:37 | 設計士さんの一喜一憂  

出雲大社 平成の大遷宮

60年に一度の遷宮の行われている出雲大社へ屋根の葺き替え工事の見学へ行ってきました。
現地は桧皮葺の屋根が剝され、野地の見える状態でした。構造はシンプル且つ頑丈にできてあり、60年の歳月を感じさせない状態でした。普段は全く見ることのできない本殿の小屋裏等も見ることができ、貴重な体験となりました。

e0064493_1118318.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-22 09:18 | 設計士さんの一喜一憂  

出雲大社前駅

出雲大社へ屋根の葺き替え工事見学に行った時、大変素敵な易者がありましたので、立ち寄りました。
帰って調べましたが、頭端式1面2線のホームを持つ地上駅。有人駅。西洋建築の駅舎は、1996年(平成8年)に国の登録有形文化財建造物として登録されている。また2009年(平成21年)には経済産業省より「近代化産業遺産群 続33(大衆観光旅行)」の一つとして近代化産業遺産に認定されているそうです。当時の流行かもしれませんが、駅舎内部は漆喰が施され、ステンドグラスふうにガラスが入り、そこからの日差しは凄く綺麗な物でした。

写真は駅舎の様子
e0064493_9593158.jpg
e0064493_9594567.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-09-21 10:00