<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

今年も今日が最後となりました。

このブログも、毎日書き始めて数ヶ月経ちました。
お客様にいろんな情報をできるだけ早く、多く、伝えたいと思い少し難しい話もありますが、書き留めています。
建築(住宅)の世界も、いろんな情報が出て日々進んでいます。
そんな情報を、一早く皆さまにお伝えできれば良いと思っています。

来年も宜しくお願い致します。
良い御年をお迎え下さい・・・。
[PR]

by zengoro | 2010-12-31 12:28  

年末恒例大掃除!

毎年30日は仕事収めの大掃除と決まっていますが、
あいにく今日は朝から冷たい雨が降っていて、掃除日和では
ありません。家の中から片付けて、車は程ほどにしかできませんね。
何時も綺麗にしておけば、こんな日に何も問題はないのでしょうが、
そういつも綺麗ではないですし・・・。
少々ぬれる覚悟でやるしかないですね・・。

昼からは、職人さんたちと打ち上げです。
今年もお疲れ様でした。
[PR]

by zengoro | 2010-12-30 13:01  

高級注文住宅

私の父の好きな言葉でしたが最近ではあまり耳にする事が少なくなったように
思います。住宅性能表示制度ができ、年配の方の意識する住宅と
現代主流になりつつある、第一次住宅取得者との線別がおおきくあるように
なりました。“桧の無地じゃ” “梁は地松じゃ” という言葉は建築に
携っている方でも、殆ど口にする事がなくなっています。
今後、そういう建築が少なくなるのでしょうが、知っている世代は技術を
次代の技術者に教えていかなければならないと思います。

※写真は桧の無地~上小節程度の鴨居と敷居の木
e0064493_10391956.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-12-29 10:39 | sole展示館  

木造住宅耐震講習会 香川県

先日は日本建築防災協会と全建連による、木造住宅の耐震診断と補強方法を
二日間に及び講習を受けてきました。これにより、木造住宅の耐震診断と補強の
ご提案ができるようになりました。
来年1月に、香川県土木課が行なう“技術者向け木造住宅耐震対策講習会”を
受ける事になりましたが、この事で香川県の講習者受講名簿に登録されます。
香川県では、無料耐震診断を行っております。1月17日は阪神で大地震のあった日です。
何時来るか解らない地震に、備え在れば憂いなし ですよ。

※写真は講習時のもの
e0064493_10584552.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-12-28 10:50  

見学会有難う御座いました!

昨日は大野にて古材をアクセントに利用した家の見学会に沢山のご来場
誠に有難う御座いました。又、新築現場をお貸し頂いたお施主様
本当に有難う御座いました。
見学会では、新築現場に古材を取り入れると言う、思い切った利用方法に
見ごたえがある という方や、古材がかわいい という方たちがいらっしゃいました。
また、古材を利用する事によるCO2削減、循環型建築資材を利用する事による
環境保護についても、多くの質問が寄せられました。
今後も積極的に見学会や、勉強家を開催していこうと思いますので
宜しくお願い致します。
[PR]

by zengoro | 2010-12-27 10:40  

住宅性能表示(続々)

性能表示を取って、長期優良住宅を申請した物件のみが、長期に使用できて
優良な住宅かというと、そうではありません。
例えば、建築基準法に合致していない(基準法ができていない自分に建てられて)
古民家は長期間建っている建物でありますし、この国で長い間建てられている
在来工法にも良い建物で長く住める建物は沢山あります。
性能表示や長期優良住宅の審査中身には、例えば桧の無地や欅の種類等、
素材に付いては関与していませし、良い設計かどうかの基準もありません。
ですので、性能表示の評価だけで、家の基準を決めるのは少し矛盾が
出てきますので、利用される方もされない方も、その他の住宅の内容も
充分吟味する必要があると思います。

※私達は香川で一番気持ちの良い家を造りたいと思います
写真は東京・六本木 東京ミッドタウの様子
e0064493_15455494.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-12-26 15:46  

住宅性能表示(続)!

前回の続き・・・。
膨大な量の図面が必要になるのと同時に、性能表示を受けるには指定の機関への
申請が必要となります。これには実費が伴います。(住宅の大きさによる)
ここで、その実費分を補助してくれるのが、長期優良住宅です。
長期優良住宅の判定を受けると、100万円(種類により120万円、200万円がある)の
補助金が申請できます。
この制度を上手く利用し、住宅性能表示分の申請費を賄う事ができます。
建物が良いものができるのだけれども、費用は補助金で補えるという発想です。

この当たりの関係は、なかなか簡単には理解できませんので
興味のある方は、ご連絡下さい。担当がお話させて頂きます。

※写真は長期優良住宅で建築した物件
e0064493_14191349.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-12-25 14:19  

住宅性能評価!

少し難しいお話となりますが、最近住宅を建てる方で少しずつ注目を
集めはじめているのが、“住宅性能表示”です。
字を読むと大体解るのですが、建築しようとする建物(住宅)の性能を
解りやすく分類し、表示する制度です。
大まかに、10の項目がありその中でも分かれますが
建物の構造~火災時に関する事項~劣化・耐久性に関する事項
空気環境に関する事項~高齢者に関する事項~防犯に関する事項等々・・。
上記を数値化し、自身の建物はどの等級か解りやすくしたものです。

これによりその建物が実際に項目上どのレベルに在しているのかが
一目瞭然となります。
今まで、わかりにくかった住宅のレベルが鮮明になるというわけです。。
(膨大な量の図面と書類が必要になりますが・・・。)

※12月に申請した物件の図面量!!通常の確認申請の数倍・・。
e0064493_1474627.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-12-24 13:53  

年末の恒例!

この時期、会社として何かと恒例行事があります。
欠かせないのが、来年のカレンダー配りです。年を越してからお持ち
する訳にいきませんので、時間のあるときに手分けして廻ります。
『一年お世話になりました。来年も宜しくお願いします』と、気持ちを込めて。

※まだ、沢山残っているカレンダー。これからが本番!
e0064493_16384078.jpg

[PR]

by zengoro | 2010-12-23 16:38  

性能評価と長期優良住宅の薦め!

性能評価では、その住宅の性能を10項目に分け、項目ごとにランク付けします。
費用は約30万円程かかります。長期優良住宅では、性能評価が義務付けられています。
その他の申請費用がかかったりしますが、基本的に補助金の範囲で収まります。
性能評価を取得し、長期優良住宅で補助金をもらう事をお勧めします。
自宅のしっかりした評価が受けられ、安心です。

e0064493_13105955.jpg

写真は弊社が手がけた長期優良住宅
[PR]

by zengoro | 2010-12-22 13:20