<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

悩む・照明

先日、お客様の所で照明器具の打ち合わせを行いました。
色決め同等、照明器具を決めるのには悩みますし、度胸が要ります。

そこで、「佐伯さんの造った家の照明って、どんなの?」といったご質問を
頂きました。まあ、それぞれいろんな照明器具を付けました。。。
メインの照明では、同一種類のものを使うと言ったことは無く、その家の個性を
押しつけがましくなく出せる物(もちろん費用の事も念頭に)を
ご提案してきました。

一部をUPします。。。
人それぞれなので、好みが有ろうかとは思いますが・・・。

e0064493_1826248.jpg
e0064493_18261298.jpg
e0064493_18262282.jpg
e0064493_18263113.jpg
e0064493_18264466.jpg
e0064493_18265544.jpg
e0064493_18271251.jpg
e0064493_18273094.jpg
e0064493_18274158.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-28 18:28 | 設計士さんの一喜一憂  

木は燃えにくい~?

先日、省令準耐火の講習に伺いましたが、その時に講師の方より
DVDを貸して頂きました。約二時間の講義の内容が入っていて
これは、とても勉強になりました。
技術的な事も入っているのですが、映像で実験が見れるようになっていて
実際の火事の場合、どういう風に火が広がるか とても解りやすくなっています。

木は一分間に1mm燃えるそうです。
柱、梁が燃える場合、両面から火が来るとしますと、120mm(4寸)の場合
30mm燃えるのに、15分かかります。
120mm-30mm=90mmですね。90mm芯があれば、倒壊は免れる事が
多いと思われます。
火事の通報をすると、約5分程度で消防車が駆けつけます。

(木)は燃えやすいと思っている方が多いと思いますが、
以外と火は着きません。着火の大きさ、時間がある程度あれば火が燃え広がりますが
木を燃やすのも結構技量が必要です。

かといって、燃えるわけですのでぎ技術的な事、プラン的な事
十分考える必要が有るわけです。。

※写真はDVD講習の資料↓
e0064493_10325492.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-27 10:24 | 講習  

断熱材の工事

断熱材の工事を行っていました。

超高断熱ではありませんが、次世代と言われるレベルで
高断熱の部類に入ります。
断熱性能は部材にもよりますが、施工がきっちり行われることが
とても重要となりますので、現場での出来栄えをしっかり確認することも
とても重要となります。

じっくりと、一つ一つ作っていきますね~!

※写真は断熱材が入ったところ↓
e0064493_1022465.jpg
e0064493_10225780.jpg
e0064493_1023598.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-26 10:19 | 現場レポート  

現場検査です!

現場にて中間検査が行われました。

建築確認による、軸組と金物の検査。
瑕疵保証による、雨水侵入の検査。

自社での検査はしっかり行っていますが、さらに
法的な機関のチェクを行って万全を期します。

見えなくなる部分ですので、きっちり行ないます。
安心ですね~!

※写真は現場の様子です↓
e0064493_1949644.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-25 19:49 | 現場レポート  

太陽光発電設置です

先日下地工事を行いました、太陽光発電のパネルが設置されていました。
真新しいので、とても綺麗です。
約10kwの発電量で、この家の電気をほぼまかないます。

今後益々普及が見込まれる太陽光発電。
発電効率も上がるでしょうし、普及するにつれて
設置費用も求めやすくなるでしょう・・・。

いい物は積極的に取り組みたいです。。。

※写真はお日様の光を浴びるパネル↓
e0064493_1827343.jpg
e0064493_18273935.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-24 18:27 | 現場レポート  

和瓦の美しさって

整然と並ぶ、いぶし銀の和瓦って美しいですよね~。
その他の瓦もそれなりに特徴を持って、良いのですが
和瓦は和瓦の良き風合いを出してくれます。

最近は屋根に太陽光発電設備が乗る場合が多く
ガルバニウム鋼板を使った、比較的平らな屋根を施工する場合が
多いのですが、その場合でも庇や下屋に使うこともできます。

千年位以上も前から使われてい来た建材です。
機会があれば積極的にご提案できたらいいなあ と、思います。。。

※写真は昨日出来上がった、庇の和瓦↓
e0064493_1851561.jpg
e0064493_1852510.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-23 18:04 | 現場レポート  

断熱材の工事

断熱材の工事が行われていました。
寸法を合せて計画していましたので、現場ではそう苦労なしに
入れていきます。

今回の屋根では、空気層を50mm暑くなった空気は
屋根のてっぺんで逃がしてしまうとういうやり方を取っています。

断熱材の外側にはアルミ箔が貼ってあり
その効果も期待大。。

何処までやるか という考えもありますが、効果的に
断熱できるよう検討した結果です・・・!
壁の中で見えなくなる部分ですが、きっちり工事することが
性能を上げる基本となりますので、隙間なく工事を行います・・・。

※写真はしっかりと入れられた断熱材↓
e0064493_16173931.jpg
e0064493_16175019.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-22 16:19 | 現場レポート  

屋根 和瓦と太陽光発電下地

現場に庇の屋根となる和瓦と大屋根に乗る太陽光発電の下地が
施工されていました。
和瓦は後日の施工・・・。

だんだんと仕事が進んで形になっていきます。

楽しみですね~!

※写真は庇に使う屋根和瓦と太陽光発電の下地金物
e0064493_1774983.jpg
e0064493_1775963.jpg
e0064493_178674.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-21 17:08  

大工さんとの打ち合わせ

久しぶりに、本格的に現場で大工さんと納まりについて
打ち合わせを行いました。もう長い間一緒に工事をしているので、
私が“あ”と言えば、“い”も“う”も解ってくれる間柄なのですが、
今日の納まりは、二人で考え込みました・・・。

ず~っと、先の事も考えての納まりを打ち合わせです。
でも、こうしないと良いものはできないのです。
簡単に簡略に大量生産は木造住宅には不向きだと思います。

まだまだ現場は寒い日が続きますが、出来る限り現場の空気を
吸って景色を見て行こうと思います。。。
[PR]

by zengoro | 2014-02-20 16:59 | 現場レポート  

サッシュ搬入です~!

現場にサッシュが入りました。
棟上げよりお施主様と現場で打ち合わせを繰り返しました。
棟上げ後に、サッシュ打ち合わせを行う建築業者さんは
少ないと思います・・。が、やはり現場でやりとりした方が
細かい所まで突っ込めるし、絶対にお施主様の利益につながると
思いますので、続けます!

良い家をご提供する為に。。。

※写真は本日到着したサッシュです↓
e0064493_1962858.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-02-18 19:06 | 現場レポート