<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

消費税の余波

消費税があと数時間後に上がりますが、
建築業界も駆け込みで大変な事になりました。

需要の波が一度に起き、職人の少なくなった業界の
手に負えなくなり職人不足、品不足に見舞われました。
更に、ここ数日
材料を頼んでも、輸送が行き詰まり現場に荷が到着しない という
考えてもいなかったことが起きています・・・。

なんとか策を練り、現場が滞らないように手を打つのが精いっぱいです。

来年の10月に更に消費税は上がるのでしょうか・・。
上がるのは仕方ないとしても、もっと平穏にならないのでしょうか・・。
対応が難しいです。。。

※写真は(社)香川県トラック協会より抜粋

e0064493_18244535.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-31 18:25  

むふふ・・。だんだんと造りこんでいきます~。。

現場での大工さんとの打ち合わせの時間がだんだん長く
なっていきます。
工事が難しい所、に差し掛かってきているからです。
意匠がらみの所では、数ミリ単位の攻防が続きます。

これ、できる?
うんうん、大丈夫や・・。こっちのこれ使おう!

なんてことを、座り込んで話したりしています。

まだまだ、摺合せする箇所は多く残っていますが、
やっぱり、じっくりコツコツと造りこんでいきます・・・。

e0064493_1838070.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-30 18:38 | 現場レポート  

讃岐の古い家の壁に青い色した飾りの様なものを見たことが
あると思います。
通称“帯(おび)”と呼ばれているもので、最近ではほとんど施工することも
無くなりましたが、高松で建築している建物で、使うことになりました。

左官や曰く、
“雲の様な格好の帯は、讃岐の少雨除けで雨を降らしてほしい意味がある”
との事・・。
ふむ、なるほど~・・・。

伝統と歴史のある工法が、この時代にも受け継がれることが
妙に嬉しく思います!
出来上がりが楽しみですね!

※写真は帯の模様の雲 の押し型 です ↓

e0064493_1892020.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-29 18:09 | 現場レポート  

良い景色~

打ち合わせで小豆島に行きました。
うららかな春の海がとても気持ちいいです。

船を待つ間に、少しだけ海の近くに来ましたが
もう、寒いと言ったことはなく、気持ちの良い風が吹いていましたね・・。

※小豆島の土庄港。陽射しが柔らかくて気持ちが良いです

e0064493_18283263.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-28 18:28 | 環境  

色合わせ

古民家再生工事を行っている現場では、古い材に合わせた
塗装の色合わせが行われていました。
古民家では、
その地域やその家によって、もともと用いられている塗料が違っていたり
場所による日焼けの程度や、煙によって燻されていたりの多少で
微妙に色合いが異なります。

一色単に、古民家はこの色 とはいかないのですよ・・。

今日は塗装屋さんが一生懸命に色合わせを行っていました。
見分けのつかない見事な塗装でした。。。

※写真は塗装屋さんが色合わせをじっくり行っている所と
 実際塗り始めた所です↓

e0064493_944775.jpg
e0064493_9441598.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-24 09:44 | 現場レポート  

鉋(かんな)屑(くず)

子供の頃、自宅前にある作業場で大量に見ました。
これを棒に引っかけて、親戚の子たちと遊んだのを覚えています。
佐伯工務店の現場では、比較的良く見ますが
業者さんに言わせると、最近ではなかなか見れないとのこと・・・。

木を薄~く削ったり、艶々にさせたいときに鉋は使うのですが
その後に出るのが、鉋屑(かんなくず)です。
鉋で削った木材は顔が映るほどピカピカになりますよ~。

現場は木の香りでいっぱいです。
新建材と呼ばれる材料が多く出回る昨今ですが、
こういった技法をできるだけ多く使い続けたいと
思います!

※写真は鉋屑と鉋と指矩(さしがね)↓

e0064493_1732727.jpg

e0064493_173365.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-23 17:03 | 設計士さんの一喜一憂  

100%自然素材の壁 下地塗り初め

高松で建築中の現場では、100%自然素材の壁の下地塗りが
始まっていました。
先週より、ラス網と呼ばれる下地骨材を塗りつける作業を
黙々とやっていましたが、今日は左官屋さんが壁に引っ付いて
下地を塗っていました。
左官屋さんは、この作業“擦る(こする)”といいます。
確かに、塗っているというよりこすり付けているような感じが・・・。

簡単なように見えますが、休憩時間に大工さんが“どれどれ”と
やっていましたが、思う様にはいかなかったようで、すぐやめていました。。。
餅は餅屋やわ~。。。と。

家が大きいので、あと2~3日下地を塗りその後仕上げを塗ると
いよいよ足場が外れます。
楽しみですね~!

※写真は左官屋さんが塗っている様子↓

e0064493_18134089.jpg
e0064493_18134997.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-22 18:14 | 現場レポート  

“子はかすがい”のカスガイはこれ!

昔・母親がよく口にしていた言葉で、今も耳に残っているのが
“子はかすがい”でした。
夫婦間で辛いことがあっても、子供の顔を見ると、打ち解ける。
子供は親を繋ぎとめる と言った意味でしょうか。

子がカスガイの役目をしないでも十分に離れない夫婦は大丈夫として
子供がカスガイの役目をしたことに心当たりのある方も
いらっしゃるのでは・・・。

最近はあまり耳にしない言葉ですが、
現場で昔訊いた言葉を思い出し、見てしまいました・・。

※写真は柱と梁をがっちりつなぐ“カスガイ”↓
 真ん中の金物です。

e0064493_16162951.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-19 16:12 | 設計士さんの一喜一憂  

着々と進んでいます・・。

先日より、現場での仕事が多くなっています。
職人さんがなかなか取れないので、自分でできる事は
極力手伝うようにしました。。。

今日はデスクワークを中心にしていましたが
夕方現場に足を運ぶと工事は着々と進んでいました。
職人さんたちも、皆さん忙しい中右往左往しながら
工事を進めて行ってくれています。

しっかりした家を造る為に、一つ一つ確実に
工事を進めていきますよ~!

※写真はラス網と言われる部品を壁に取り付けた様子↓
 この網に、壁を塗っていきます。

e0064493_18535817.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-18 18:55 | 現場レポート  

御幣とお札

上棟式に使った、御幣とお札を現場の屋根裏に当たる部分に
取り付けてきました。
上棟式直後は、雨風にさらされるので、一時事務所に避難させておき
屋根・壁が大方できたころに持って来ました。

普段は目にすることが無くなると思いますが、
この家を守ってくれると思います。。。

※写真は小屋裏に取り付けた、御幣とお札↓

e0064493_1161978.jpg
e0064493_1162965.jpg

[PR]

by zengoro | 2014-03-17 11:03 | 現場レポート