<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

耐震改修工事 始まりました

仲多度郡多度津町にて、木造平屋建・築48年の建物の耐震改修工事が
始まりました。昨年、多度津町で行われた耐震診断会に来られ、診断を行い、
その後改修工事の検討を始められて、この年末にかけての工事となりました。

耐震診断では、建物が大きい地震で倒壊する恐れが高いと結果が出て
九州の地震の事や、今後の事も頭に入れながら検討しました。
診断や改修工事は国と県、町との負担による補助金で多くの部分が賄えますので
その負担も少なくて済むようになっています。

◆既存の壁を取り除き、新しい筋交いと金物を入れます。↓



e0064493_18225585.jpg
e0064493_18230851.jpg

                  b
e0064493_18234700.jpg
e0064493_18235254.jpg



e0064493_18240644.jpg

耐震改修工事では、住みながらの工事が多いので、工事の計画をしっかり立てて
お施主様の負担も軽減する事も検討しないといけません。
今回は、工事を3度に分けて、西から~真ん中~東へと、移動していきます。
まだ、寒い時期ではないので、今が工事のベストでしょうか・・。

年末に向けて、工事が進みます。

◆耐震診断時の様子↓
 基礎のクラック~屋根裏の様子~床下の様子
e0064493_18250422.jpg
e0064493_18244005.jpg
e0064493_18245314.jpg











[PR]

by zengoro | 2017-10-21 18:16 | 現場レポート  

木太町にて上棟式が執り行われました!

木太町にて建築を行っておりました家が、上棟の日を迎えました。
この日に合わせたかのように、雨も上がり、順調に工事は進みました。

棟(構造材の一番上にある木材)が上がり、お施主様と、工事の無事と
この家の繁栄及び健康をお祈りし、餅投げを行いました。

e0064493_16412641.jpg
e0064493_16405686.jpg
最近でこそ、餅投げも少しは見るように復活して来ましたが、
私たちが幼少の頃は、ほとんどの新築現場で餅投げが行われていて
大人たちが本気で餅を拾いに来ていました。(田舎のせいもあるかも・・)

何時見ても、皆さん楽しそうな顔をされていて
できればこの行事は今後も残っていってほしいなあ と、毎回思います。

今回のお宅は、長期優良住宅でありますので、構造体や断熱性もハイレベルな住宅です。
◆耐震等級3(最高クラス)
◆断熱性能4(  〃  ) 
更に、木造簡易準耐火と瀬戸の家グリーン化事業に申し込みを行って居りますので
経済的にも優位になるお宅となります。

昔ながらの楽しい部分と最新の技術を使った住み易い家とが組み合った
いい建物になる予感がしますね=











[PR]

by zengoro | 2017-10-17 16:35 | 現場レポート