人気ブログランキング |

古民家鑑定士 旧恵利家住宅


県内最古の農村住宅と言われる、古民家を視察してきました。
17世紀に建築された物ということですが、木造住宅は長持ちする事が一目で解ります。
深い庇は風雨から、重要な壁を守ります。
急勾配の屋根は、雨水を浸透させない工夫です。
なぜ、新建材の無い時代の家が長持ちするのに、現代の家は30年程度で建替えるのでしょうか・・・。
恵利家住宅、きれいですね。
e0064493_1133974.jpg

e0064493_11332163.jpg

by zengoro | 2010-04-14 11:34 | 設計士さんの一喜一憂  

<< 増築打合せ ペットショップ プーキー 様 >>