人気ブログランキング |

松島 観瀾亭 

日本三景松島にある“観瀾亭”です。『観瀾』とは、さざ波を観るという意味です。観瀾亭は、もともと豊臣秀吉の伏見桃山城にあった茶室を政宗がもらい受けて江戸の藩邸に移築していたものを二代藩主忠宗が1本1石も変えぬようにと命じ,海路ここに移したと伝えられています。 写真は遊覧船より見たところですが、松島の美しい景色を正面に望むところに立地してあり、優雅なお茶会が開かれていた事が想像できます。
観瀾亭詳細紹介→http://www.matsushima-kanko.com/midokoro/rekishi/kanrantei.html

当日の写真
e0064493_13254190.jpg

by zengoro | 2010-11-01 13:29 | 環境  

<< 工事進行中! 鹽竈神社 >>