人気ブログランキング |

住宅性能表示(続)!

前回の続き・・・。
膨大な量の図面が必要になるのと同時に、性能表示を受けるには指定の機関への
申請が必要となります。これには実費が伴います。(住宅の大きさによる)
ここで、その実費分を補助してくれるのが、長期優良住宅です。
長期優良住宅の判定を受けると、100万円(種類により120万円、200万円がある)の
補助金が申請できます。
この制度を上手く利用し、住宅性能表示分の申請費を賄う事ができます。
建物が良いものができるのだけれども、費用は補助金で補えるという発想です。

この当たりの関係は、なかなか簡単には理解できませんので
興味のある方は、ご連絡下さい。担当がお話させて頂きます。

※写真は長期優良住宅で建築した物件
e0064493_14191349.jpg

by zengoro | 2010-12-25 14:19  

<< 住宅性能表示(続々) 住宅性能評価! >>