住宅事業法(民泊対応)について

6月15日に住宅事業法なるものが、施工されます。
これは、本来“旅館業”を取ってから、部屋や住宅を宿泊者に
提供するべきところを、簡易に制限を低くした新しい法律です。

許可制では無く、届出製では在りますが、法律で制限や
普通住宅では整備していない、新しい設備等も必要になってきます。

最近、手前共の事務所にも、オーナー様より、民泊を始めたい! との
依頼を受けるようになりました。

法律関係から、届出、リスティングと呼ばれる、内装や設備関係の
事まで一括して、ご依頼を承っております。

空き家や開いている部屋を有効に活用してみたい方。
お気軽にご相談くださいませ~。











[PR]

by zengoro | 2018-05-22 18:11 | お知らせ  

<< 工務店の仕事・・・ 造り込む お風呂 >>