自然界のちから

高松市内で建築中の住宅に使用する、石材を取りに
庵治の石屋へ伺ってきました。

今回使用する(したい部分)は、
①玄関の靴脱石
②庭石(意匠と階段) です。
◆①の靴脱石↓
e0064493_08544188.jpg
e0064493_08544763.jpg
伊達冠(だてかんむり)石と呼ばれる、見ての通り、宮城の石です
県南部大蔵山でしか取れない石で、イサムノグチが愛し、積極的に作品に
使った石だそうです。
石屋さんに有るのを偶然見かけ、サイズ調整と表面磨きを打合せして
出来上がりました。
自然の美しさには、人間は到底敵いません。。

◆②庭石 
e0064493_09032218.jpg
e0064493_09032610.jpg
庵治石の皮付き部分、格好の良いのを選んで頂きました。
今下庭に使う敷地部分は、幅1.8m奥行き7mで、底に植木と石を数本、数個
並べて意匠を整えようと思っています。
樹だけでは、味が薄いので、ここでも自然の力をお借りします。

◆積み込み→現場へ
e0064493_09053145.jpg
庭石等のお話と次回の現場打合せを行いつつ
現場まで運ぶのに、軽トラへ石を積んで頂きます。

現地では、外構工事に取り掛かりました。
さて、どんな庭に仕上がりますか・・。楽しいところであります!












[PR]

by zengoro | 2018-12-04 08:51  

<< 植木も頼んできました・・。 木造住宅の許容応力度 >>