人気ブログランキング |

2016年 12月 23日 ( 1 )

 

建物の防火性能

昨日、糸魚川にて、大規模火災が発生致しました。
被災された方には、お見舞い申し上げます。

現地は木造住宅が密集している地域で、強風の影響もあり
次々と火災が燃え広がっていった と、言う事です。

現在の法律では、“法22条地域” と呼ばれる、比較的市街地であれば
建物は敷地境界より1Fで3m、2Fで5m部分まで、防火構造と呼ばれる
燃えにくい建物外周部としなければなりませんが、法律ができる前の建物には
効果は及びません。また、消防車が入れる最低の進入路(2m)も必要とされていますが
昔の道は1.8mしかなかったり、もっと狭い進入路もあります。

現在の基準に同地区がなっていれば、ここまで大災害にはならなかった可能性もあります。
まだまだ、市街地にはこのような密集地が多く残っていまして、またそこが味わい深く
残したい地域でもあるのですが、法律を作っている方々は、人命を第一に考えますので
来年あたり、より厳しい基準が一つ位増えるかもしれません。

また、火の粉が飛んで燃え広がった と、ありますが、
火の粉位では、建物は燃えません。高温になり発火寸前に火の粉が
引き金になった という事は在ると思いますが、火をつけるということは
結構難しいものであります。

何にしても、火事が発生しても、一定の時間は火が燃え広がらない構造が
事態を大きくしない一つの要素になる というのが、法律の指導であります。。。

by zengoro | 2016-12-23 18:32 | お知らせ