カテゴリ:現場レポート( 426 )

 

植木も頼んできました・・。

先日の石の記事の後に、現地へ石を持ち込んだ後、園芸屋さんに脚を運び
植木を数本選んで来ました。
お施主さんとの打合せで、季節を感じられる樹がいいなあ との、
事でありましたので、店主と枝振りと金額の折り合いをつけながら
イロハモミジ(約3m枝ぶり良好)、ハナミズキ(約2.5m 白)、
山茶花(約2m 赤)、椿(低木2本)
とを、選びました。

お施主様がまあまあ年配という事もあり、山茶花等を入れて貰いました。
最近は山茶花等あまり出ないようです。。綺麗なのですがね~
因みに山茶花と椿、僕には咲く時期以外に見分けが付きません
山茶花は晩秋~冬、椿は冬~春先 といった具合

イロハモミジは玄関横に、ハナミズキは道路側、山茶花はリビングの前に 
現場を確認しながら、選定→場所決めです。
建物意匠を決めるのも楽しいですが、庭造りもとても楽しいです。

住宅敷地内に庭を作る(土の部分を残す)と、草抜きや水遣り、剪定等
忙しい日々の生活に中で、作業が一つ増える事になります。
古き時代より生活パターンが大きく変わり、庭への執着も少なくなった
この時代ですから、大変ですね==。ムシも付いたり、葉っぱが落ちたり。。

しかし、木樹は季節感を教えてくれますし、青葉は心豊かにしてくれます。
花が咲けば楽しい気分になりますし、秋に紅葉すれば美しくもあります。
庭に植木(今回は庵治石も入れましたが)、生活の中の一こまに
入れませんか?
美しい四季のある日本。生活の中にも堪能しましょうよ~!

◆写真はイメージ(工務店で行った工事)です↓
e0064493_15484412.jpg
e0064493_15483650.jpg
e0064493_15493035.jpg
e0064493_15493520.jpg
e0064493_15501576.jpg
e0064493_15512450.jpg
e0064493_15521310.jpg
e0064493_15522270.jpg
e0064493_15532456.jpg












[PR]

by zengoro | 2018-12-08 15:27 | 現場レポート  

高松市円座の家 進んでます

高松市円座町で行っております、新築住宅工事が進んでいます。

今週は外壁を主な工事として行っています。
◆写真は下塗りの様子・東西↓
e0064493_18350473.jpg
e0064493_18350947.jpg
軒及び庇は構造的に大丈夫な範囲で、いっぱいに張り出しました。
これで、夏の日差し、雨風を防ぎます。

屋根の上には、太陽熱集熱パネルを設置。
太陽の熱で温まった空気を床下に送り、家全体を床暖房します。
◆屋根上のソーラーパネル
e0064493_18380981.jpg
年末に出来上がる予定の建物です。
日曜日には、お施主様と一緒に色決めを行いました。
出来上がるのが楽しみですね~!











[PR]

by zengoro | 2018-11-20 18:39 | 現場レポート  

飯山の耐震改修工事

飯山で行っております、耐震改修工事が進んでおります。
古民家に隣接する木造軸組みの日本家屋ですが、昭和56年を少し
過ぎた建物ですので、補助金申請できず独自での改修工事となっております。
◆旧来の土壁を撤去し、筋交+合板を入れているところ
e0064493_14323385.jpg
e0064493_14312209.jpg
e0064493_14303218.jpg
e0064493_14304777.jpg
この当時の建物の特徴でもありますが
壁は土壁となっておりますが、筋交量は極端に少なく
また、開口部も広く取られています。
香川に住んでいる職人が特に地震慣れしていないかと言う事も
在るのでしょうか・・。

国は住宅の耐震化は将来的に100%まで改正したいそうですが
なかなか・・できますかね・・。

◆基礎の無かった所へは、新しく基礎を造ります。
その上に土台、筋交いを新設です↓
e0064493_14375788.jpg
e0064493_14370061.jpg
耐震診断の結果、良くなかったこの建物も、
耐震改修後は、稀に見る大きな地震にも倒壊しない レベルまで
達することができます。
今回は水周りのリフォームも併せて行っていますので、
割安感もあります。。。

仕上がり予定の年末に向けて、頑張っていきます!











[PR]

by zengoro | 2018-11-13 14:40 | 現場レポート  

香川の家 撮影・取材でした

住宅雑誌・香川の家に、二回/年 掲載していただいておりますが
今回は、国分寺で建築をしておりました住宅を撮影・取材いただきました。

建築写真は竣工後すぐに撮っていましたので、今日は人物が入った写真と
住み心地や気に入っているところ等の取材です。

◆スタッフがいろいろと心配しながら動き回っています
e0064493_15333215.jpg
e0064493_15334464.jpg
e0064493_15334867.jpg
よほど慣れていないと、カメラを向けられると、逃げるか、緊張した顔になるか
なので、アンパンマンナドノ小物も登場させて和やかな雰囲気をつくります。
香川の家 には、撮影した分のほんの一こましか載りませんが
1.5時間ほどの撮影・取材時間はほぼフルに使いました。

◆カメラマンに頼んで、お気に入りを一枚撮影してもらいました↓
e0064493_15401498.jpg
外壁の黒と木目のコントラクションは、相当神経使いました。
前の田んぼは、お施主様宅の田んぼです。
豊かに実る稲穂もついこの前、稲刈りできました。
耐震等級3、断熱等級4、のゆったり住める平屋の家です。
香川の家 秋号に掲載予定ですので、手にとってご覧ください。
(インターネットでも掲載されます)

◆以下は家の中の様子↓
e0064493_15463990.jpg
e0064493_15465320.jpg
e0064493_15470067.jpg
e0064493_15472379.jpg
e0064493_15471737.jpg











[PR]

by zengoro | 2018-11-03 15:47 | 現場レポート  

丸亀で耐震改修工事

丸亀市で、住宅の耐震化工事が始まりました。
一昨年に、耐震診断を行い、強度不足の判定が出ておりまして
機会をみて、工事に入る予定でありました。

市の耐震改修工事補助金≒90万円の申し込みを行い
耐震強度を上げる工事を行います。

耐震診断で、粗方の建物の強いところ、弱いところが
判断できますので、弱いところを重点的に、
また、建物自体は満遍なく強度を保てるように補強計算を行い
現場にフィードバックします。

耐震補強の目的は、数十年に一度の大きな揺れに対し、
中にいる人が、外に出られる状態(建物が崩壊しない)を目指します。
特に旧耐震と呼ばれる、昭和56年6月以前の建物を、
新耐震と呼ばれる、昭和56年6月以降の基準に並ばせることが
標記の大きな揺れに対し、耐力を保全できる最低の基準です。
阪神大震災等では、旧耐震の建物に多くの被害が出ました。

国は数年間~十数年掛けて、住宅の耐震化を進めていきます。
この期間(補助金有り)に、一度お考えなりませんか?
結構大きな補助金だと思いますし、安心にも繋がります。

※写真は丸亀の現場の様子です
外壁を剥がし、筋交い取り付け、隅柱の悪い部分も補強↓
e0064493_14243030.jpg
e0064493_14243800.jpg
e0064493_14244401.jpg












[PR]

by zengoro | 2018-10-23 14:10 | 現場レポート  

太陽熱集熱パネル 設置しました

高松市円座町にて行っている住宅建築現場では、太陽熱集熱パネルが
設置されました。
太陽熱を利用して床暖房しようというシステムです。
今回のシステムは、手の物語社びおそーらーを採用しています。

南側に2階建ての家が建っている敷地に、小さな背の低い二階建てを
計画しましたが、冬に陽が南から入るようになりません。
しかし、計測すると屋根には十分陽が当たりそうなので
集熱パネルを設け、太陽で温まった空気を家の床下まで運び
全館床暖房にしようと試みです。

◆屋根にパネルが乗っかったところ↓
e0064493_18210691.jpg
e0064493_18211606.jpg
◆家の中、送付ボックスと屋根裏↓
 天井仕上げも床も、このまま。。徳島・海部の杉材です。
e0064493_18212867.jpg
e0064493_18213658.jpg
屋根裏に小さな送風機が付きます。そこからダクトを通して、床下へ
温かい空気を送ります。
家が小さいので、小さな集熱面と送風機でまかないます。

エアコンの様にガンガンに暖めるのではなく、ほんのり~ふっくら 暖めます。
相手(熱源)は太陽という、自然界のスターですので(太陽にスターはないか・・)
気ままもありますが、そんなことがあってこそ、ありがたみも分かりますし、
明日の天気が気にかかる。。太陽が家を暖めてくれる。。しかも、床暖房!
なんか素敵に暮らせるように思うのですが・・・。

また、経過をお伝えします。























[PR]

by zengoro | 2018-10-20 18:29 | 現場レポート  

太陽熱と床暖房

現在2棟目のびおソーラーを建築しております。
もともと、弊社ではOMソーラーという組織で太陽熱で床暖房の基礎を学び
その仕組みに心酔して居りました。
組織脱退後も細々と同じ仕組みの床暖房の家を建築していましたが
結構高額になる為、避けていた時期も在りました。

びおソーラーの特徴は、簡易システムで市販の機械を多く利用しているところです。
代替品が効き、メンテナンスの対応も楽かと思いますし、初期投資も
安くすみます。
OMソーラー時代のシュミレーション等はないので、不安な方もいらっしゃるかも
知れませんが、数をこなしている工務店では、無理はないかと思います。

エアコンの様には効きませんが、
太陽熱を利用し、陽だまりに要るようなホワッとした空気感で
十分だと思われる自然派志向の方には、いい設備だと思います!

◆ご興味の在る方、ご参考に~
びおソーラー↓
http://tenomonogatari.jp/work/bio_solar/
OMソーラー↓
https://omsolar.jp/
そよ風↓
https://www.kankyosouki.co.jp/home/whatssoyokaze/











[PR]

by zengoro | 2018-10-06 18:44 | 現場レポート  

鶴市町の改修工事

鶴市町で行っておりました、改修工事が終了致しました。
◆工事内容
 ・洗面所 浴室 総やり替え
 ・電気温水器→エコキュートへ交換
 ・一部配管調整

在来浴室が寒くて、段差もあり使いづらい。
洗面器が古くて調子悪い。等、不具合の多くなった部分を
ユニットバスと、造りつけの洗面器で、狭さをカバーしながら、
最新の技術を使って、気持ちよく、使いやすく、安全になるよう、
工事を進めました。

緑の多い場所にある地域で、浴室からも借景で紅葉が綺麗に見える
気持ちいい場所に在りましたので、そのまま浴室からは紅葉が見えるようにし、
洗面所の床と天井は香りの良い、ヒノキの木を用いました。
 〃  壁には、湿気をしっかり保ってくれる、ビオセラ塗りとし
気持の良い空気感を演出しています。

一日の疲れをゆっくりとって頂けたら~。。と思います。

※写真は完成時の物
 照明はブラケットと、ダウンライトを用い、スポット的に使ってます。
 (少し暗め)
e0064493_09255682.jpg
e0064493_09260733.jpg
e0064493_09262287.jpg
e0064493_09263175.jpg
e0064493_09262760.jpg












[PR]

by zengoro | 2018-10-02 09:16 | 現場レポート  

円座の家 建て方行われました~

建物計画~基礎工事と行っておりました、円座の家が
上棟致しました。
台風、そして秋の長雨と、延期を繰り返しておりましたが、
無事この日を迎える事ができました。

円座の家
構造 ~木造軸組み工法2階建て
構造材~徳島産杉材
設備 ~びおソーラー(太陽熱床暖房)

歳の数だけ餅放る との宣言で、上棟拝見終了後
餅投げが行われました。
最近では、なかなか見ることの少なくなった餅投げですが
やっぱり楽しい物で、みんな笑顔で喜びながら楽しんでいました。

e0064493_13554202.jpg
e0064493_13553195.jpg
e0064493_13555144.jpg
e0064493_13555998.jpg













[PR]

by zengoro | 2018-09-15 13:49 | 現場レポート  

国分寺の住宅 できました

春より国分寺で工事を行って参りました住宅ができました。

平屋のガルバニウム鋼板+木を貼った、シャープですが温かみのある外観と
香川県産の桧を床材に、洗い出しの玄関や、塗り壁の室内は
気持の良い風が良く通り、心地よく落ち着かせてくれます。

e0064493_13271780.jpg
e0064493_13270998.jpg
e0064493_13274503.jpg
e0064493_13272547.jpg
濡れ縁を広く取った子ども室へは木製デッキを設け、
外とのつながりを意識しています。
気持のいい季節には、大きく窓を開けてデッキでくつろいだりできますね。

e0064493_13375165.jpg
e0064493_13280024.jpg
e0064493_13381606.jpg
トイレや廊下には収納スペースを多くとり、奥様の収納関係問題も
現場で確認しながら整理しました。
e0064493_13380436.jpg
 
e0064493_13421144.jpg
e0064493_13424402.jpg
目の前に広がるタワワに実る稲穂の緑が、豊かに響く気持の良い場所に立つ
平屋です。
これから、末永くよろしくお願いします!

※建築当初より家作りをズッと見守ってきた “ゴン” さん。
愛くるしい表情で職人さんにも接してくれました。
e0064493_13463488.jpg













[PR]

by zengoro | 2018-09-11 13:23 | 現場レポート