人気ブログランキング |

カテゴリ:現場レポート( 450 )

 

定期点検に伺いました。

長期優良住宅の定期点検に伺いました。
建築後約5年程度のお客様です。
長期優良住宅では、定期点検を義務づけており、定期的な
メンテナンス時期も粗方定義づけています。

一般的な住宅では、五年目では家に特に何か変状がある ということは
ほぼありません。
防蟻工事の保証期間がだいたい五年とされていますので
再度防蟻工事を致しますか?位のものです。

だいたい住宅で変状が出てくるのは、早くて7~8年位。
大体10年過ぎて位からでしょうか・・。
10年位の軽症事例は
●水栓の水が止まりにくくなった 
●建具の調子が良くない
●樋から水が漏れてくる
10年位の重症事例は
●給湯器の調子が悪い(他冷蔵庫やエアコン等も)
●外壁の具合  ●屋根の具合  
軽症の場合は数万円程度ですが、重症の場合は数十万~ といった内容になり
ギョ っと、することもあります。

ただ、建物にはメンテナンスがどうしても必要です。
しかも、早めの手当の方がベストです。
決して脅かすわけではありませんが、どうぞご注意下さいませ・・。












by zengoro | 2020-05-09 18:21 | 現場レポート  

ピカピカの天井

高松市にて造作が行われている和室の天井です。
お施主様と一緒に材木屋へ足を運び、好みと合わせて
選んできた物です。
大工さんは、丁寧にコツコツと造作を続けています。

ピカピカの天井_e0064493_14062632.jpg
ピカピカの天井_e0064493_14063149.jpg
なかなか作ることの無くなった和室の竿天井ですが
造ってみるとやっぱり綺麗でカッコいいです。
こんな仕事がまたしてみたいですけどね~。
お金と手間暇は結構かかります。





















by zengoro | 2020-03-28 14:04 | 現場レポート  

地鎮祭 執り行われました

高松市香南町で行われる新築現場にて地鎮祭が
無事執り行われました。
昨日、地縄を行い本日地鎮祭と、いい天気にも恵まれ
順調に行わせて頂きました。

◆地縄↓
地鎮祭 執り行われました_e0064493_18514251.jpg
◆地鎮祭
地鎮祭 執り行われました_e0064493_18515056.jpg
田んぼが広がる、穏やかなこの地域で
ゆっくりのんびり過ごせるようなお宅ができればいいと思います!

これから、よろしくお願い致します~。











by zengoro | 2020-02-01 18:54 | 現場レポート  

師走も押し迫って来ました Ver 2

前回より引き続き、今年のお仕事を振り返り、ご紹介できたらと思います。
※前回の記事はこちら↓
https://komuten.exblog.jp/28762725/

では。。。
◆引き継ぐ家
 古民家改修工事でありますが、なんとこの家、私・二度目の改修
(オーナー様は別)
 となりました。お蕎麦屋さんに→若い家族の住居になりました。
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19104746.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19110039.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19110968.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19121828.jpg


◆三木町の住宅
田園地域に建つ自然素材住宅です。シンプルですが、素材にこだわり
プランも考え抜いた住宅となりました。
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19150352.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19133156.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19132402.jpg


◆甘味処 古家(こや)様
飯山町にOPENした、甘味処です。ご家族で笑顔いっぱい営業中。
飯山町上法軍寺2090 電話0877-89-4443 11時~17時OPEN
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19255082.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19253864.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19254406.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19251465.jpg


◆カッコイイ・シンプル平家
設計・林幸稔建築設計事務所様
小さいけど、御洒落でカッコ良く出来ました!
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19303151.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19305611.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19311278.jpg


◆古民家の離れ
一昨年古民家改修工事を行いました、敷地に家族の集まる
離れを造りました。
真壁工法の綺麗な離れです。
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19340514.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19341647.jpg
師走も押し迫って来ました Ver 2_e0064493_19341199.jpg

ご覧頂き、ありがとうございます。
(携わらさせて頂いたお仕事はまだまだ有りますが、またそのうちに
ご紹介させて頂けたらと思います)











by zengoro | 2019-12-24 19:36 | 現場レポート  

平屋のカッコイイ家 竣工しました。

高松市内にて建築を行っておりました、
“平屋のカッコイイ家”が、竣工しました。
≒15坪のコンパクトにスッキリ納まった家です。

設計監理 林幸稔建築設計事務所
 施工  佐伯工務店
平屋のカッコイイ家 竣工しました。_e0064493_15170121.jpg
平屋のカッコイイ家 竣工しました。_e0064493_15173234.jpg
平屋のカッコイイ家 竣工しました。_e0064493_15182855.jpg
平屋のカッコイイ家 竣工しました。_e0064493_15182013.jpg
平屋のカッコイイ家 竣工しました。_e0064493_15180338.jpg


平屋のカッコイイ家 竣工しました。_e0064493_15180892.jpg

敷地制限のある中、最大限有効に活用し、かつ窮屈さを
感じないデザインはさすがでありました!













by zengoro | 2019-12-17 15:21 | 現場レポート  

合掌の車庫 上棟です!

高松市寺井町にて、合掌造りの車庫が上棟日を迎えました。
合掌造りとは、小屋(屋根の中の構造組)の組み方の一つで
日本に古来より伝わる技の一つです。
合掌と聞けば、白川郷の萱葺きをイメージされる方も多いと思いますが、
小屋組の合掌とは、三角形を上手く組み合わせたトラスの事で
力の掛かり具合を上手く変換し、構造材が細くても大きなスパンが
取りやすい工法です。
今の様に構造計算などない時代に、経験で理解できたのか
やはり、昔の人は凄いです・・。

合掌の車庫 上棟です!_e0064493_15322815.jpg
↑ 吊り上げられる合掌
合掌の車庫 上棟です!_e0064493_15325240.jpg
 ↑ 上棟 おめでとうございます!
合掌の車庫 上棟です!_e0064493_15324175.jpg
↑ 正面から
合掌の車庫 上棟です!_e0064493_15325833.jpg
合掌の車庫 上棟です!_e0064493_15330393.jpg

↑ ずらり並んだ合掌

車庫に柱は邪魔ですから・・。合掌にして、空間を確保します。
これから、シャッターや、筋交いを取り付け
利便性、構造的な関係と、仕事を進めていきます。。


by zengoro | 2019-12-14 15:27 | 現場レポート  

借景

古民家再生中の現場では、こんな借景が見られます。

借景_e0064493_15254931.jpg
2階から、望める景色ですが、八幡様の裏山の紅葉が眺められます。
なんとも、贅沢な借景ですね~。

巷では、家の性能、省エネ住宅が盛んで、窓は極力小さく
景色は二の次 といった雰囲気が強く蔓延っていますが、
紅葉や新緑といった借景が望める家の中からの景色は
大切じゃあ~ないかな・・と、深く考えたりします。
特に、高松辺りでは、東北や北海道の様な猛烈な寒気の日は
そう多くありません。断熱気密もある程度大切ですが、
日々の季節の移ろいを感じられる程度には、窓からの
借景や景色、風通しも、あってよかろうジャないか・・と、
思う方も、多いのではないか!と、思うのですが
如何なのでしょうかねえ・・。











by zengoro | 2019-12-07 15:24 | 現場レポート  

和瓦葺き

先日上棟した、“寺井町の家”では、屋根の瓦葺き工事が行われています。
瓦用のルーフィング(ボッチのついた、水が流れるよう)を
施工し、桟(瓦を載せる木)を取り付けてから、
職人さんが、瓦を屋根に乗せていきます。

和瓦葺き_e0064493_15384710.jpg
和瓦葺き_e0064493_15392713.jpg
和瓦葺き_e0064493_15385407.jpg
和瓦葺き_e0064493_15385044.jpg
手前の梯子のような物に、瓦を乗せつけ、電動で上げますが、
乗せ降ろしは全て職人さんの手で行いますので、
はあ、はあ、ふう、ふう、と言いながら、少しずつ
運んでいました。。。ご苦労様です・・。

淡路のいぶし瓦です。
品もあり、品物の状態も良い(狂いが少ない)、和瓦です。
瓦の歴史は古いですが、現在は焼加工の技術もコンピューター管理で
相当上がっているようです。
昔は瓦を焼くのは相当難しい作業だったようですが、
技術力ですね~。

ここまでくれば、一安心です。












by zengoro | 2019-12-03 15:35 | 現場レポート  

寺井町の住宅・上棟です。

寺井町にて基礎工事を行っていました住宅が上棟式を迎えました。
敷地南側に住宅、道路側に車庫が建つ和風住宅です。

先日、庵治の石を加工したお宅です(記事はこちら↓)
https://komuten.exblog.jp/28683626/

◆写真は基礎~土台~柱~上棟まで↓
寺井町の住宅・上棟です。_e0064493_11135899.jpg
寺井町の住宅・上棟です。_e0064493_11141595.jpg
寺井町の住宅・上棟です。_e0064493_11143538.jpg
寺井町の住宅・上棟です。_e0064493_11144885.jpg
建物が大きいため、二日間かけての上棟となりました。
二日間とも晴天に恵まれた、とても良い建て方となりました。

◆上棟式の様子↓
寺井町の住宅・上棟です。_e0064493_11150047.jpg
祝詞を上げ、大工棟梁とお施主様で祈願を行います。
これから、竣工まで一生懸命、お仕事進めて参ります。
神様、よろしくお願いします!












by zengoro | 2019-11-12 11:11 | 現場レポート  

庵治石の加工 玄関柱石に使います

今週末に上棟を行う建築現場に使用する、玄関柱束石を
庵治の石屋まで取りに伺いました。

和風住宅の入口ポーチに、丸太柱を使用するのですが、その脚元に
据付けます。
以前目星をつけていた、格好いい庵治石に、孔を開けて貰います。

庵治石の加工 玄関柱石に使います_e0064493_18214879.jpg
庵治石の加工 玄関柱石に使います_e0064493_18215254.jpg
庵治石の加工 玄関柱石に使います_e0064493_18215490.jpg

錆(色の付いている部分・鉄分が錆びる)が、程よく付き
庵治天然石らしい目が特色です。いい感じ・・。

↓下は、中国産・・。違い解りますか??
庵治石の加工 玄関柱石に使います_e0064493_18215893.jpg
現場に持ち込んで、カッコイイ部分を前に向けて据付です!











by zengoro | 2019-11-05 18:24 | 現場レポート