<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

だいぶ、感じが出て来ました~

先日、UPした 鬼無の改修現場では、ずいぶん工事が進みました。
記事はこちら↓
https://komuten.exblog.jp/27263161/

若い夫婦の和風住宅 ですが、
元もと、在った和室を洋室とつなげて、天井も小屋組みを現せる勾配天井としながら
和風の気配も残します。

最初の部屋からは、想像できない物になって来ましたが
感じは良く出ています。
◆木(骨組み)は、可能な限り見せる↓
(色あわせはもう少し先で行います)
e0064493_18391307.jpg
e0064493_18392303.jpg
e0064493_18393137.jpg

大工さんも、ずいぶんこの家に詳しくなり、自分のした仕事や
前に入っている大工さんの仕事を口々に話したりしています。

◆写真は床を張っているところ↓
e0064493_18394747.jpg
e0064493_18395736.jpg

大工さんの仕事もほぼ終わり、これからは
塗装屋さんや内装屋さんといった、仕上げの行程の職人さんが
仕事に入ってくるようになります。

さあ、いよいよ 仕上げですよ~!













[PR]

by zengoro | 2018-05-29 18:43 | 現場レポート  

工務店の仕事・・・

おかげ様で、工務店として、昨年創業55年を迎えることのできました。

大きな仕事もしますが、地域工務店ですので、小さい仕事も喜んで承っています。
困ったな~ や、 こうならんかなあ~ 等、棚板一枚・釘一本から工事を請負、
お客様に、喜んで頂けたらと思っているのが、創業より一貫した想いです。

最近では、・鍵の交換 ・飾り付け用の釘打ちつけ ・排水の詰まり 等、
こなしました。
小さな困りごとでも、生活に支障をきたしますので、
直ったときには、笑顔でありがとう と、言って頂き、
こちらこそ、感謝です!

みなさん、お気軽に 町の工務店をご利用下さいませ~!



[PR]

by zengoro | 2018-05-26 18:19 | 日々の集い  

住宅事業法(民泊対応)について

6月15日に住宅事業法なるものが、施工されます。
これは、本来“旅館業”を取ってから、部屋や住宅を宿泊者に
提供するべきところを、簡易に制限を低くした新しい法律です。

許可制では無く、届出製では在りますが、法律で制限や
普通住宅では整備していない、新しい設備等も必要になってきます。

最近、手前共の事務所にも、オーナー様より、民泊を始めたい! との
依頼を受けるようになりました。

法律関係から、届出、リスティングと呼ばれる、内装や設備関係の
事まで一括して、ご依頼を承っております。

空き家や開いている部屋を有効に活用してみたい方。
お気軽にご相談くださいませ~。











[PR]

by zengoro | 2018-05-22 18:11 | お知らせ  

造り込む お風呂

新築やリフォームで浴室を新たに設ける場合、最近ではほとんどが
ユニットバスと呼ばれる、工場で生産され、現場で組み立てる方式の
浴室が選定されます。

◆ユニットバスのイメージ(パナソニックサイトより)  ↓
幅半間(約80センチ)あれば、品物を搬入でき、組立はほぼ1日です。
e0064493_16000341.gif

















これは、躯体と浴室が構造的に分離し、配管メンテナンスや
空間ができる事により、できた後の心配が少なくなるという事や
メーカーの研究が進み、掃除や断熱性に優れている 等いった事が
要因で、どちらでも構わない と、言った方には、私もユニットバスの
利点を説明します。
◆上から、TOTOサザナ、LIXILアライズ、パナソニックL-CLASS
各メーカーのユニットバス。宣伝も上手!
e0064493_16000649.jpg















e0064493_16000949.jpg











e0064493_16001226.jpg















他にもメーカーがあり、千差万別、多くの中より選ぶことが可能です。

ただ、どうしても工場生産式の浴室では納得できない! と、いった方が
時々いらっしゃって、その時には昔のように現場で造り込みます。
例えば、壁を桧にしたい や、 直焚きにしたい とか、露天風呂を造りたい 等々・・。

打合せや、品物選びには結構慎重になりますが、それがお施主様の意向であれば
ご期待に沿うよう、対応しております。
図面作成や、現場での打合せも多くなり、工事はユニットバスのように1日、若しくは2日と
いう訳には行きませんが、じっくりと造りこんでいきます。

◆2階に造ったお風呂 
 桧の壁、天井と、白いタイルがいい感じです。
e0064493_16064779.jpg












◆陶器のお風呂
 依頼主の想いが詰まってます。
e0064493_16071366.jpg




























◆露天風呂
e0064493_16092122.jpg



























◆現在進行中の直焚きお風呂
 薪で下からお湯を沸かします。(もちろん、給湯器もありますよ)
e0064493_16103078.jpg


























折角の浴室。
気に入った様にご相談に応じます!















[PR]

by zengoro | 2018-05-19 16:29 | 家の性能  

高松市 美しいまちづくり条例

高松市に“美しいまちづくり条例”なるものをご存知でしょうか?
良好な都市景観形成と環境美化の推進を一体的に取り組む仕組みですが、
広告物、ゴミのポイ捨て等より、美しいまちづくりを推進する為に
条例、審議会等が設置されています。

高松市の美しいまちづくり関係はこちらでご確認下さい↓
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/jigyosha/toshikeikaku/keikan/keikan/gaiyou.html
※審議会が2018.5.15 高松市役所にて開催されました。

e0064493_15013657.jpg
一般公募委員として、今年で3期目となります、私も出席して参り、
仏生山町の各受賞作品を統合的に美しい町並みとして指定できないか?等、ご意見させて頂きました。

審議会は約20名の有識者と高松市都市計画課の方々とで、1時間半程、熱のこもった話が続きましたが、
審議の内容は、美しいまちづくり景観賞の在り方が大半を占めていまして、
応募数の減少や、範囲、応募期間等、色々と、話が出て居りました。
※美しいまちづくり景観賞の過去はこちら↓
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/jigyosha/toshikeikaku/keikan/keikan/sho.html

美しいまちづくり審議会は公聴制で、どなたでも参加でき、次回予定は
8月中旬以降と言う事になっています。
高松が金沢みたいな綺麗な街になって、来る人が喜んでくれるように
なると、誇らしいですね~。。











[PR]

by zengoro | 2018-05-15 14:55 | 環境  

上棟 執り行われました~

国分寺町にて、行われております、新築工事で上棟が執り行われました。
この日は、朝より晴天・吉日で、大工さん達も顔を日焼けで赤くしながらの
工事でありました。

◆棟部分でのお供え物 等↓
e0064493_17453083.jpg

基礎が完成し、前々日より、床の作業を行い、床の下地を先に工事して
作業をしやすく、安全にも気を付けます。
2.30年前には、考えもしなかった作業ですね~。

e0064493_17472359.jpg
e0064493_17471077.jpg
e0064493_17470640.jpg
当日は、棟梁の支持に従い、レッカーが次々に部材を運び
大工さん達が、要領よく組み立てていきます。
毎度毎度ですが、組み立てあがっていく工程は
見てて飽きません。素人になったように
わくわくしながら、見学してしまいます!

e0064493_17504123.jpg
e0064493_17504410.jpg
e0064493_17505350.jpg
e0064493_17505616.jpg
8月のお引渡しまで、力を注いで
いい家を造って参ります!














[PR]

by zengoro | 2018-05-12 17:42 | 現場レポート  

改修工事 進んでいます~

高松市鬼無町で始まった、改修工事が進んでいます。

和風好きの若い世代が見つけた宝物を更に磨きをかけるための
工事です。この住宅、誰が見ても素晴らしい出来で、当時建築された
方々のセンスの良さと、腕の良さに大工共々感服しながら
工事はスタートしました。

◆工事前の様子です。洒落た和風の雰囲気が気持を落ち着かせてくれます。
明かりの入り具合、窓の大きさ、数寄の感じ・・。どれも良いです・・。
e0064493_17075707.jpg
e0064493_17081389.jpg
e0064493_17080752.jpg

工事に入る前に、お施主様と大工と共に、仕上げを考えて
工事の説明を行います。
今回の工事の大半は大工の仕事となります。
仕上げ方や、お施主様の持つイメージを
ゆっくりしっかり伺って、工事がスタートです。
◆工事前の打合せ様子と、解体が始まったところ↓
e0064493_17115770.jpg
e0064493_17122790.jpg
e0064493_17123283.jpg
e0064493_17131406.jpg
解体作業が終わると、お施主様の要望に沿って、構造から造作に入りますが
思いもよらない作業が待っていたりします。
木造を知っている大工さんが入っていますので、
設計者の思いを話、お願いすると、事も無げそうに
ほいほいと、作業を進めてくれます。
◆柱を撤去した為に、新たに入れた補強梁と
屋根の重みに耐えかねている梁に仕事をしているところ↓
e0064493_17202368.jpg
e0064493_17201781.jpg
e0064493_17194624.jpg
断熱材も天井~壁~床と入れて行き、次第に工事は進んで行きますが
お施主様のしたい事と、設計者のまとめと、それを形にしてくれる職人さんとで
息をぴったり合わせつつ、仕事は進んで行きます~。
◆徐々に何となく仕上がりが解ってくる段階↓
e0064493_17231230.jpg
e0064493_17232536.jpg











[PR]

by zengoro | 2018-05-08 17:23 | 現場レポート