<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

地鎮祭 執り行われました

高松市円座町にて、7月より行われる新築工事に先立ち
地鎮祭及び地縄(配置を決める)が、行われました。

この日の予報は強い雨、だったのですが
当日は大した雨も降らず、無事に行うことができました。

今回建築される家は、木を愛する 職人さんの家です。
長らく、木を相手にお仕事をされていたので、
やっぱり造る家は、“木の家”です。
徳島産の杉の木をふんだんに使用した家となります。

大きくない家ですが、住み心地は抜群となるよう
一生懸命設計しました。
設計図を本物の家にできるよう、建築も頑張ります!

◆写真は地鎮祭の様子と、亀田町で建築した徳島産杉の木の家
e0064493_09152425.jpg
e0064493_09153597.jpg
e0064493_09165673.jpg
e0064493_09173475.jpg
e0064493_09174185.jpg











[PR]

by zengoro | 2018-06-26 09:09 | 現場レポート  

鬼無の改修工事 終了致しました~

鬼無で行っておりました、住宅改修工事が終了致しました。

4月より解体工事に入り、構造補強→断熱強化→内装→仕上げ と、
お施主様といろんなことをご相談しながら、竣工です。
◆仕上がった様子↓
e0064493_13173166.jpg

e0064493_13174086.jpg

e0064493_13173668.jpg

e0064493_13174713.jpg

二間の部屋(和室と洋室)を一つの部屋とし、天井を取って屋根勾配とし
広く見えるようにしました。
◆もともとの家の写真はこちら↓
e0064493_13313616.jpg
e0064493_13314091.jpg
e0064493_13315550.jpg
e0064493_13320829.jpg

もともと和風のこの住宅、若いお施主様が和風好きという事も有り
購入されましたが、随所に良い物を使っている住宅でありました。
使えるものはなるべく残し、今後年を重ねるにつれて、まだまだ和風が好きなると
思いますので、障子等はインテリアとして残すような事となりました。

◆出来上がった家の鑑賞と感想を話したりしました
e0064493_13255463.jpg


この障子、最近では見なくなった雪見障子(猫間障子)ですが、材料は杉の赤身を
使っており、ここにもこだわりと、数寄者のにおいが感じ取れます。
猫間障子とは、関東で呼ばれる名称ですが、ここのお宅には引っ越してきて
新しく、子猫ちゃんが家族として加わりました。
無邪気で可愛いですが、猫間障子を開けて、外を見たりしますかね~。

◆新しく加わった家族。興味津々だったり、おっかなかったり↓
e0064493_13260322.jpg

e0064493_13260799.jpg

静かな環境の中にあるお宅ですので、
ゆっくりと時間を掛けて、住み過ごして頂きたい と、
そんなお宅でありました~。

※このお宅の以前の記事はこちら↓
改修工事始まりました
https://komuten.exblog.jp/27263161/
だいぶ感じがでてきました
https://komuten.exblog.jp/27301912/





















[PR]

by zengoro | 2018-06-23 13:12 | 現場レポート  

国分寺の新築工事 進んでいます

先月上棟した、新築工事がゆっくりと進んでいます。
上棟後、屋根工事→窓→外装 と、進んでいくのですが、
この頃に、最終決定しなければいけない事項が結構重なります。

そもそも、この頃に決めるものでは無い建築屋さんが多いと思いますが、
図面やパース、サンプルのみで色合いや大きさを決定するのは結構な
リスクが付きまといます。
◆用意したパース。
e0064493_13515866.jpg

e0064493_13520107.jpg



e0064493_13520462.jpg

用意したパースを基に、現地でサンプルと建て方の終わった実物とを
比較検討しながら、外壁やイメージを進めていきます。
こうする事で、設計者の意向とお施主様のイメージが合致していきます。

◆現場では、大工さんが仕事を進めます。
外壁の下地シートや断熱材↓
e0064493_13572714.jpg
e0064493_13573513.jpg
e0064493_13574230.jpg



工事は夏の竣工に向けて、進んで行きます。。。











[PR]

by zengoro | 2018-06-19 13:49 | 現場レポート  

宿泊事業 改修工事始まります~

琴平町にて、宿泊事業用に建物を改修する工事が始まりました。

一般住宅を今世間で注目を集めている、宿泊者に一棟貸しする計画です。
◆写真は琴平町サイトより↓
e0064493_16495712.jpg
e0064493_16505213.jpg
e0064493_16505797.jpg
世界的に注目される、金比羅さんや、琴電で繋がる瀬戸内、
JRで繋がる高知・太平洋や松山・道後温泉。
魅力に溢れる、琴平町ですが、町内では
大きな宿泊施設がお客さんを占用するようになり、
地域の活性化には少し難しい状況だったのですが、
今回の一棟貸しとなると、地域の経済にも寄与することができます。

また、これも問題の、空き家の有効利用にも有効的です。

何はともあれ、その建物が予算内で、宿泊者に魅力的でくつろげる
空間にならなければなりません。
今回、設計より打合せをさせて頂きましたので、
予算内にできる事と、できない事を仕分け、地域の状況と建物の特徴を
お施主様とお話を重ね、工事に入ることができました。

8月のOPENに向けて、工事を進めて参ります。

◆今回、改修工事に入る建物です。
 仕上げ、色あわせ、楽しみです↓
e0064493_16544585.jpg
e0064493_16545997.jpg
e0064493_16552556.jpg
e0064493_16553027.jpg
e0064493_16561055.jpg













[PR]

by zengoro | 2018-06-16 16:42 | 現場レポート  

耐震改修工事 始まりました

琴平町にて、住宅の耐震改修工事が始まりました。

昨年より、耐震診断を始め、今年度の耐震改修工事補助金申請を年度初めに行い、
琴平町より認可が降りまして、工事に入ることができました。
まあまあ、気の長い話となります。

◆町より許可が降りないと、その部分の工事は始められませんので、
先に関係の無い外回りの工事より始めました↓
屋根や軒裏を工事していきます
e0064493_17492497.jpg
e0064493_17492912.jpg
今回の耐震改修工事は、1階・2階併せて、耐震壁を26箇所も入れるという
大掛かりな工事となり、それに併せて、階段~浴室~洗面所~キッチンまで
交換する、オーナー様にとっても、結構な負担となる工事となりました。

◆階段の工事を打合せ↓
e0064493_17510739.jpg
もとあった、きつい階段を緩やかな階段に交換します。
ここも結構大工さんの山場。
難しい工事が続きますが、ゆっくりと、じっくりと
一つずつでは在りますが、間違いなくきっちりと
治していきます。。。











[PR]

by zengoro | 2018-06-12 17:42 | 現場レポート  

耐震改修工事について

根強く、ご相談を頂いております、耐震改修ですが幾つかの基本事項があり
お伺いしても、全く話にならない場合が、時々あります。

行政等の指導では、お話することが難しいと思いますので、一例を挙げます。
まず、補助金の対象となるのが(建物要件)
①昭和56年6月以前の建築物
②住宅として供されているもの(1/2以上)
③違反建築でないこと
が、主な用件として、謳われています。

上記要件がクリアしていたとして、改修工事には約100万円以上はかかります。
物件によりますが、基礎のある建物ならば、200万円という事もありました。
基礎の無い建物(石場建て 昭和10年以前はほとんどこれ)では、
数百万円はかかります。

行政の補助金は耐震診断で9万円、耐震改修工事で90万円。
合計で99万円となりますので、持ち出しは必ずかかりますし、
要件によっては、耐震改修工事のみに数百万円の負担となったり、
更に、他のリフォームも検討事項になりますので、予算的に
大きな額となります。

行政は補助金が出るから、是非に と、言いますが
実際に予算立てができないと、絵に描いた餅となります。

名古屋大学とかで、もっと簡易に安く耐震改修工事ができる仕組みを
発表したりしています。更に、進んだ技術開発と、行政の許可が
まだまだ望まれている、実態です。











[PR]

by zengoro | 2018-06-09 14:37 | お知らせ  

照明器具は何派?

建物を新築、リフォームする際に、照明器具のポイントは結構高いと
思っています。
工事の設計に際し、採用不採用に係わらず、必ず、照明器具のプランも
検討事項に入れて、ご提案します。

明るい家、部分的、間接的。
ペンダント、ダウンライト、シーリングライト、ブラケットライト、スタンドライト。
更に、外部の照明・・。そして予算・・。
これで、夜間のイメージがガラッと変わります。
◆照明器具竣工例の一部↓
(仏生山乙の家)
e0064493_14085054.jpg
e0064493_14085703.jpg
e0064493_14090427.jpg
e0064493_14091096.jpg

e0064493_14084601.jpg

(高瀬の山荘)

e0064493_14105111.jpg
e0064493_14110961.jpg
e0064493_14105818.jpg


(府中の古民家改修工事)
e0064493_14121339.jpg

e0064493_14204873.jpg
e0064493_14224223.jpg

 
(岡田の民家改修工事)

e0064493_14131610.jpg
e0064493_14241964.jpg
e0064493_14243772.jpg
e0064493_14242629.jpg

(寺井の民家改修工事)

e0064493_14254745.jpg
e0064493_14254177.jpg
e0064493_14141867.jpg
(上高瀬の古民家改修工事)
e0064493_14344135.jpg
e0064493_14350470.jpg
e0064493_14344813.jpg
照明写りの良い写真を選んで、添付してみました。
明るさや、暗くなったときの灯りの落ち方、広がり方など、
個人差も結構在りますが、だいたい、24時間の半分は暗い時間です。
(寝てる時間も長いですが・・)
不便でも困りますし、ギンギラギン!も、どうかと思いますし、
リラックスでき、しかも不便でない、気持のいい 灯りのデザイン。
お気軽にお問合せ下さい。











[PR]

by zengoro | 2018-06-05 14:08 | 家の性能