<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

植木も頼んできました・・。

先日の石の記事の後に、現地へ石を持ち込んだ後、園芸屋さんに脚を運び
植木を数本選んで来ました。
お施主さんとの打合せで、季節を感じられる樹がいいなあ との、
事でありましたので、店主と枝振りと金額の折り合いをつけながら
イロハモミジ(約3m枝ぶり良好)、ハナミズキ(約2.5m 白)、
山茶花(約2m 赤)、椿(低木2本)
とを、選びました。

お施主様がまあまあ年配という事もあり、山茶花等を入れて貰いました。
最近は山茶花等あまり出ないようです。。綺麗なのですがね~
因みに山茶花と椿、僕には咲く時期以外に見分けが付きません
山茶花は晩秋~冬、椿は冬~春先 といった具合

イロハモミジは玄関横に、ハナミズキは道路側、山茶花はリビングの前に 
現場を確認しながら、選定→場所決めです。
建物意匠を決めるのも楽しいですが、庭造りもとても楽しいです。

住宅敷地内に庭を作る(土の部分を残す)と、草抜きや水遣り、剪定等
忙しい日々の生活に中で、作業が一つ増える事になります。
古き時代より生活パターンが大きく変わり、庭への執着も少なくなった
この時代ですから、大変ですね==。ムシも付いたり、葉っぱが落ちたり。。

しかし、木樹は季節感を教えてくれますし、青葉は心豊かにしてくれます。
花が咲けば楽しい気分になりますし、秋に紅葉すれば美しくもあります。
庭に植木(今回は庵治石も入れましたが)、生活の中の一こまに
入れませんか?
美しい四季のある日本。生活の中にも堪能しましょうよ~!

◆写真はイメージ(工務店で行った工事)です↓
e0064493_15484412.jpg
e0064493_15483650.jpg
e0064493_15493035.jpg
e0064493_15493520.jpg
e0064493_15501576.jpg
e0064493_15512450.jpg
e0064493_15521310.jpg
e0064493_15522270.jpg
e0064493_15532456.jpg












[PR]

by zengoro | 2018-12-08 15:27 | 現場レポート  

自然界のちから

高松市内で建築中の住宅に使用する、石材を取りに
庵治の石屋へ伺ってきました。

今回使用する(したい部分)は、
①玄関の靴脱石
②庭石(意匠と階段) です。
◆①の靴脱石↓
e0064493_08544188.jpg
e0064493_08544763.jpg
伊達冠(だてかんむり)石と呼ばれる、見ての通り、宮城の石です
県南部大蔵山でしか取れない石で、イサムノグチが愛し、積極的に作品に
使った石だそうです。
石屋さんに有るのを偶然見かけ、サイズ調整と表面磨きを打合せして
出来上がりました。
自然の美しさには、人間は到底敵いません。。

◆②庭石 
e0064493_09032218.jpg
e0064493_09032610.jpg
庵治石の皮付き部分、格好の良いのを選んで頂きました。
今下庭に使う敷地部分は、幅1.8m奥行き7mで、底に植木と石を数本、数個
並べて意匠を整えようと思っています。
樹だけでは、味が薄いので、ここでも自然の力をお借りします。

◆積み込み→現場へ
e0064493_09053145.jpg
庭石等のお話と次回の現場打合せを行いつつ
現場まで運ぶのに、軽トラへ石を積んで頂きます。

現地では、外構工事に取り掛かりました。
さて、どんな庭に仕上がりますか・・。楽しいところであります!












[PR]

by zengoro | 2018-12-04 08:51  

木造住宅の許容応力度

木造住宅の許容応力度講習に行って参りました。

木造の設計士以外の方には、“何ぞや?”って、事になりますが
日本国において、通常良く目にする住宅以外は、構造材一つ一つから
ボルト一本に至るまで全てを構造計算します。
木造住宅はず~っと過去より伝統的に造られていましたので、特例で、
簡単に設計してもいいよ という事になっています。

そもそも、建築基準法にかかわらず、法律は最低限守りましょうね ってラインを
想定しています。法律を守っていれば大丈夫ではなく、最低ラインです。
木造の住宅で言えば、性能表示制度(品確法)というもので、基準法の1.25倍とか
1.5倍とかを現しています。

という事で、木造も特例ばっかりに頼らないで、しっかりと計算しようよ! というのが
その許容応力度計算という事で、その講習に行ってきた という事になります。

数年前に建築士の勉強で学んでいた事も少しずつ思い出しながら、一日間の勉強です。
とても疲れましたが、いい勉強になりました。
講師は日常レベルの生活も視野に入れて、教えてくれます。
上記の最低ラインを守るのが、設計士ですか? といったふうに教えてくれます。
建築費が大幅にUPするわけではないし、積極的に性能表示制度を使い
お施主様の安全に気を配るように今後も検討していきたいと思います。

◆写真は講習の様子です↓
e0064493_16582699.jpg












[PR]

by zengoro | 2018-12-01 16:58 | 設計士さんの一喜一憂