人気ブログランキング |

香川の家 春号 取材です。

香川の家 春号 への取材がありました。

年始に完成見学会をさせて頂いた、高松内の物件です。
香川の家には、春・秋と二回掲載いただいております。

◆今回の物件と取材の様子です↓
e0064493_13443698.jpg
e0064493_13450758.jpg
e0064493_13445614.jpg
e0064493_13453124.jpg
e0064493_13451344.jpg
杉の床がほんのり暖かく、空気感も良いです。
空間を低く保て居る事も、安心感に繋がっていて
機能していると思います。

取材の完成品は後日ご連絡致します!











# by zengoro | 2019-04-20 13:42 | お知らせ  

なぜだろう?住まい給付金?

住まい給付金、ご存知ですか?

消費税8%の建築物(住宅)なら、最高30万円
消費税10%   〃     、  50万円 給付(もらえる)金が出ます。
消費税が上がる時に、駆け込み需要が起きてはならぬと、政府が作った
制度です。ここまでは、多くの方が知っています。

ローンを組む方は、建物にそう難しい基準がありませんが
現金で建築をする方には、フラット35Sの基準をクリアする書類が
必要になります。なぜ、現金での建築する方にこういった基準が出るのでしょうか?
良くわかりません・・・。
いい建物を作った方が良いならば、ローン組にもつけないといけないと思うのですが・・。

フラット35の基準をクリアする書類を作成し審査を受けるだけでも
結構な費用がかかります。給付金を貰っても足が出る可能性もあります。
どういうことなんでしょうかね~。
不思議な住まい給付金です。

現金組みで、50万円を狙っている方、どうぞお気をつけ下さい!













# by zengoro | 2019-04-16 13:49 | 家の性能  

植木屋さんに依頼

ここのところ、良い季節になって来ましたので、植木屋さんに、
建物周辺の整備をお願いしました。
残念ながら、枯れてしまったヤマボウシの替わりに、ハナミズキを
植えてもらいます。
一番よく見えるところですが、日当りがイマイチなので
元気に育ってくれるか、心配です。

e0064493_09163347.jpg
e0064493_09162803.jpg
e0064493_09171943.jpg
他に、敷地奥に埋まっていた、ボタンサクラとエゴノキを
よく見える場所に移設して頂きました。
それぞれ、春~初夏にかけて、花が咲きますので
その時期時期の気分が盛り上がるでしょう~。


e0064493_09164808.jpg
e0064493_09171647.jpg
e0064493_09164094.jpg
最後の写真は枝垂桜ですが、開花からの寒い日が続いたせいで
今でも花をつけてくれています。満開も良いのですが、葉桜もまた良いです。

季節感を大事にしたい、工務店です~。













# by zengoro | 2019-04-13 09:09 | 設計士さんの一喜一憂  

難しい屋根

昨年住宅を新築させて頂いたお施主様より、車庫とアプローチに
屋根を掛けたいと、ご相談が有り、工事に入りました。

既存住宅の感じを損ないたくない、とご希望をお伺いいたしまして
計画→見積→変更と、打合せを行いながら、お話を進めていき
確認申請を受けての工事着工です。

※工事中はこんな感じ↓
e0064493_09475101.jpg
e0064493_09481490.jpg
e0064493_09480898.jpg
e0064493_09480491.jpg
工費を抑える為に、構造材はプレカットといわれる、
工場で作ってくる方法をとりました。
既存屋根とギリギリの調整となりますので、これ、結構勇気が必要です。
(できたのを見ると、簡単そうに見えますが・・・)

大工さんも気を使ったと思います。
※ほぼ出来上がりは、こんな感じ↓
e0064493_09493479.jpg
e0064493_09502158.jpg
e0064493_09502703.jpg
塗装工事がまだ終わっていませんが、ほぼ出来上がりの状態です。
こだわって、造った甲斐があったです。いい出来しています。
これなら、お施主様の意向に近いものになったと思います。

昨年植えた、紅カナメモチの植木もいい感じです~。











# by zengoro | 2019-04-09 09:49 | 設計士さんの一喜一憂  

配筋検査です

高松市で行われている、新築工事現場で配筋検査が行われました。
基礎の中の重要な部分を、コンクリートが入る前に
工事が設計どおりにできているか、確認する作業です。

重要な部分なので毎回検査をします。
鉄筋職人さんが造っていますので、綺麗に組まれていて
見ていて気持ちが良いです。
今までに、間違っていた事も無く、安心して見ていれます。

これが終わると、コンクリートを入れて、基礎工事も終盤となります。

※写真は検査時~コンクリート打設の様子
e0064493_10201965.jpg
e0064493_10201185.jpg

# by zengoro | 2019-04-06 10:15 | 現場レポート  

土間工事出来上がりました~!

1昨年新築工事をさせて頂きました、オーナー様より依頼を受けておりました
土間の工事が終了致しました。

本来、もう少し早く出来上がる予定であったのですが、
3月の不順な天気と、年度末の職人不足により、なかなか工事が
はかどらず、遅れてしまいまして、
お施主様には、ご迷惑お掛けいたしました。

※写真は出来上がりの物。
中の二本の溝部分には、お施主様がレンガ+草花を植える予定↓
          
e0064493_09293795.jpg
e0064493_09294108.jpg
しかし、その分出来上がりは申し分ありません。
細かい打合せも、職人さんいやな顔せず、受け入れて下さいました。
そういった部分が、地元の工務店・職人ができる、良い処です。

細かい仕事、喜んでお受けいたします!
※写真は施工中の物
 天気の合間を縫って、左官屋さんと仕上げます↓
e0064493_09295699.jpg
e0064493_09295212.jpg
e0064493_09294702.jpg












# by zengoro | 2019-04-02 09:24 | 現場レポート  

子ども部屋

皆さん、子ども部屋 どうされていますか?

と言うのは、私の子供(小5.小2 いずれも娘)が
自分の部屋を持つようになりました。
今までは、リビングでゴチャゴチャになりながら
宿題やピアノ、遊んだり、雑魚寝をしていましたが
流石に体の大きさに耐えられなくなり、用意した子供部屋を
使うことになったのです。。。
この春から小6(11歳)に上がるお姉ちゃんは遅いくらいですかね?

現在その子供部屋は、当然の如く物置になっています。
小さい頃からのオモチャやぬいぐるみ、保育園・幼稚園や
小学校低学年時の持って帰ってくる教材等・・。
10畳(間仕切り無し)の部屋は満載です。
この子供部屋には、ロフトを設けていますので、まずそこが
物置のターゲットになるでしょう。。
断捨離(特に子供の小さい頃の物)は中々難しいですよね?

上のお姉ちゃん、仮に大学生入学時(18歳)に家を出たら、
実際子供部屋を使う期間は7年間となります。子供が成長するころは
物も多くなりますが、その後利用頻度は愕然と下がりますね。
子供部屋の使い方よく考えておかないと、いけません・・。
教育の仕方もあろうかと思います。

自宅では、子供たちや上さんが、一生懸命その物置と化した
子供部屋を整理に掛かっていますが、さて、どうなる事か・・。
また、ご報告致します・・・。

※写真は雑魚寝していたリビング。
e0064493_18310823.jpg












# by zengoro | 2019-03-16 18:26 | 設計士さんの一喜一憂  

3.11

2011年3月11日、未曾有の大震災が東北で起きました。
阪神・淡路大震災、熊本大震災と、大きく違うのは、
津波による被害です。

この数ヵ月後、現地に降り立った時、建築に携わる者としての
無力を大きく感じました。
阪神・淡路、熊本では、建物の倒壊による被害が大きかったのですが、
ここでは、押し寄せてくる水によっての被害が大きかったです。
建物に金物をつけましょう・・。バランスを保ちましょう・・。ここでは無力。

熊本に震災数ヵ月後に立ち寄った時は、これは建築に携わる者が
しっかりしないといけない・・。と、思いましたが
東北では、国や県、立地といった、建築では手の届かない行為での
対応が必要です。

地震は必ず来ます。
熊本は地震の来ない地域で有名でした。
阪神もそう言われていました。
香川も例外ではありません。
建築に携わる者として、オーナー様にいやな顔をされても
しつこく、耐震・耐火については、お話していこうと思います。。。













# by zengoro | 2019-03-12 14:05 | 設計士さんの一喜一憂  

プランの提出でした

高松市内の敷地で、建替え工事を行う計画のお施主様に対し
プランをお出しさせて頂きました。
遠隔地のお施主様で、普段はなかなかお会いすることが
できませんので、できるだけ解り易く2つのご提案をさせて頂きました。

十数年前に関東のお客様が高松市で同じく建て替えをされた時は
ほぼ、FAXと電話及び郵送でしかご連絡できず
完成時には手を取り合って喜んでいましたが、
今はインターネットの普及で、即時に様子が伝えられることができ
本当に便利な時代となりました。

とはいえ、お施主様にはどんなプランができるか想像難しく
設計士がしっかりとした考えと思慮を持って
プランを立て、検討の材料にして頂かないといけません。

どんな家ができていくか、楽しみですね~!

◆写真はイメージです↓
e0064493_18261434.jpg
e0064493_18262296.jpg
e0064493_18262829.jpg
e0064493_18263954.jpg
e0064493_18264885.jpg
e0064493_18265430.jpg











# by zengoro | 2019-03-09 18:27 | 設計士さんの一喜一憂  

建替工事始まりました~

高松市にえ、予てよりお見積を提出させて頂いておりました
建替え工事がスタートしました。

まずは、工事用地確保する為に、駐車場の屋根を取り外し、
その後、建物を解体~新築工事の基礎へと入っていきます。

現場が近いこともあり、すぐに行けますので
安心して工事が進められます。

始まったばかり、、。
6月末の引渡しまで、一生懸命頑張ります!

◆屋根を外している様子です↓
e0064493_18482296.jpg











# by zengoro | 2019-03-05 18:44 | 現場レポート